闇の中の光

ブルーローズ
@musicare_sky

最終章 キスの真意

優歌は家に入ると、深呼吸しながら居間に来る。

芥川は壁にもたれて本を読んでいた。


優歌「ただいま」

芥川「……あぁ」

優歌「あの……さっきなんでキスしたんですか……?」


優歌は彼の前で腰を下ろす。

芥川は目を丸くする。

少し固まっていた彼は本を閉じる。


芥川「僕(やつがれ)が……お前のことを好きだからだ」

優歌「へ……?」


芥川は真剣な目で優歌を見た。



1 / 3