闇の中の光

ブルーローズ
@musicare_sky

第十二章 相談

中原「もやもやしてても気持ち悪いだろ」

優歌「はい」

中原「じゃ、帰ろうぜ。家まで送る」

優歌「……うん」


中原が1杯飲み終わるのを待つと、ふたりはバーを出た。



芥川の家の前に着くと、優歌は深呼吸する。


中原「さぁ、行ってこい!」


中原が優歌の背中を押すと、彼女はうなずく。


優歌「話聞いてくれてありがと」

中原「今度メシか酒おごれよ」

優歌「わかったよ。じゃ」


優歌は家の中に入った。



つづく


4 / 4