闇の中の光

ブルーローズ
@musicare_sky

第十一章 高鳴る鼓動

優歌「龍之介さん……⁉」

芥川「大丈夫か?……ゲホッ、ゲホッ、ゲホッ!」


芥川は体をくの字に曲げる。


優歌「龍之介さん!」

芥川「樋口……何をしている。なぜ、こいつを襲う……!」

樋口「それは……」


芥川は口元の血を拭うと、左手で優歌の右手を握る。


芥川「ひとまず逃げるぞ」

優歌「へ?」


芥川は彼女の手をしっかり握り、走り出す。


樋口「!待ってください!」


樋口はふたりを追いかけた。



2 / 4