闇の中の光

ブルーローズ
@musicare_sky

第四章 任務


優歌は武器倉庫でいろいろな小銃を見ると、ひとつの小銃を手に取る。

あらゆる角度から見ると、満足げにうなずく。


優歌「この小銃、ベレッタM92にする」

中原「銃に詳しいのか?」

優歌「マフィアになって12年だからね」

中原「マジかよ!ベテランじゃねぇか!」


優歌は自慢げにうなずく。


芥川「心配ないな。万が一何かあったら声をかけろ」

優歌「わかった」

中原「お前、異能は持っているか?」


優歌は不思議そうな顔をした。


中原「異能ってのは特殊能力みたいなものだ。まったく知らないってことは持ってなさそうだな」

芥川「もし、相手側に異能者がいたら、僕(やつがれ)たちに任せろ」

優歌「うん」

中原「さっ、ちゃちゃっと終わらせようぜ」


3人は倉庫を出た。



2 / 4