闇の中の光

ブルーローズ
@musicare_sky

第二章 加入

優歌は芥川の背中を見つめながら、歩く。


優歌「あなたはマフィア……?」


芥川の足が止まる。


優歌「そんな雰囲気(におい)がするから」


芥川は警戒した様子で優歌を見る。


優歌「あたしもマフィアやってるんだけど、ここに迷い込んでしまって、やることがないんですよ」

芥川「……うちに入れるよう交渉しよう」

優歌「お願いします」

芥川「では、家はあとでにして、アジトへ連れていってやる」


芥川はアジトへ案内した。



1 / 4