ご注文はお兄ちゃんですか?

保登ラテ@ごち兄ゆっくり執筆中
@ReD_AnD_BattleR

一日目:お兄ちゃん襲来

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

確かにここ数日のココアの張り切りっぷりには目を見張るものがあった・・・ような気がしなくもない。

いつもの昼寝(サボり/本人曰く日向ぼっこ)も、ここ最近無いような気がする。

以前もこんなことがあったような気がするが・・・

「なぁ、ココア。最近妙に張り切ってるけど、どうした?」

気になったリゼは、直接訊いてみることにした。

すると、ココアは急に真剣な顔になり、

「実はね・・・」

「実は・・・?」

「また、来るんだよ・・・」

「また・・・?」

「お姉ちゃんが・・・ッ!!」

ココアの姉、モカの再来を告げた。

「モカさんが・・・ですか・・・。」

「ま・・・またモフられる・・・・・・ッ!」

チノは少し真剣な表情に変わり、リゼは恐怖を露わにする。

「そ、それで・・・いつなんだ・・・?モカさんが来るのって・・・・・・」

リゼが恐る恐るココアに尋ねると・・・

「今週中ぐらいらしいよ〜」

ココアは、かなりアバウトな返答をした。

「前回にも増してサプライズ度が高まってますね・・・」

チノが何とも言えない表情をして言う。

血の繋がりというか、やはりこの姉妹はあまり事務的なことに気を遣わないようだ。

「いきなり突撃して来てモフられるなんてことがないように気をつけないとな・・・。今週中となるとモカさんが来そうなタイミングは・・・」

一方リゼは、何やら変なシミュレーションを始めた。

リゼの父は元軍人で、その娘であるリゼもかなり影響を受けている———要するに、ミリオタなのだ。

その点についてはココアとチノも分かっているので言及はされない。


5 / 28