ご注文はお兄ちゃんですか?

保登ラテ@ごち兄ゆっくり執筆中
@ReD_AnD_BattleR

一日目:お兄ちゃん襲来

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「なぁ、レオ、姉さん。そろそろその癖どうにかした方がいいと思うぞ。」

青年はさっきの続きの様にそう言うと、ゆっくり五人のいる所へ歩いてくる。

第一印象と寸分違わぬ、大人びた風格のある動作で。

「ちょ・・・来てたのかよ・・・・・・」

先程までの元気はどこへやら。

チノをもふもふしていた手をだらりと下に垂らしたレオが、何故か落胆した声で言った。

「ココア・・・誰だ?」

何となく雰囲気的に予想がついたリゼだが、一応確認のためにココアに訊く。

もっとも、さっきのレオ登場の流れから、まともな答えは期待していなかったが。


10 / 28