テニスの王子様 10年後の王子様 青学の場合

ゆにっち
@yuni_stardust_

10年

「じゃあ、俺いくから」


卒業式が終わり皆が惜別の涙を流す中、少年はあっさりと別れの言葉を同級生の少女に告げる。精いっぱいの勇気を出して「あ、あのっ・・リ、リョーマく・・ん、私・・あの・・」と話しかけてきた彼女に対して。


「えっ?い、いくって・・ も、もうなの?本当に、アメリカにいっちゃうの?」


少年はくるりとまわって少女に背を向けながら「まあね」と短く答えて、そのまま歩き出そうとする。その背中に少女は叫ぶ「いつか・・いつか会えるよね!私たち、また・・」


 3年間ずっと恋していた彼の姿が消えていきそうになっているのは、彼がかまわずに歩いているからかそれとも彼女の涙が視界をぼやかせているからか。彼女は後悔する。とうとう想いを告げることができなかった、と。


 


 そのとき 


 崩れ落ちそうになる彼女の耳に飛び込んできたのは確かに彼の声だった。


「竜崎が待っているんなら・・逢えると思うけど?」


え?・・今、リョーマくんが言ったこと・・え!?


慌てて涙を拭い視界の先に彼を探したが、もう少年の姿はなかった。(行っちゃった・・本当に会えるのかな、リョーマくんに。でも、リョーマくんは私に嘘をついたことないもの。私・・待つ!)


 


そんな、ほのかな約束が少年と少女の間で交わされた15の春


それぞれの希望と夢を抱いて彼はアメリカに渡り、彼女は青春学園の高等部に進学した。


そして7年の月日が流れた・・




20××年8月 アメリカ ロサンゼルス国際空港に一人の日本人女性が迷子になっていた。


「あーんもう・・空港からどうやって出ればいいの?いくらなんでも広すぎるよぉ・・」


大学の英文科は出たが、やはり本場では気おくれがしてしまう。くわえて桜乃は方向音痴。初めてのアメリカは彼女には荷が重かった。ヨーロッパには語学留学で2度ほど行ったが一人での海外は初めて。


『ねえ、なんでアメリカにはいかないの?』と親友の朋香には何度も言われた。今までその機会がなかったわけじゃない、でも。


(リョーマくんは待ってろって言ったんだもの。ずっと信じてた。そしたらこの手紙が)


彼女のハンドバッグの中には一通のエアメールが入っている。あの卒業式の日以来、電話はおろかメールすらなかったリョーマからの初めての手紙。7年間一度も会えなかった彼からの手紙には、簡単な住所だけが書かれていた。で、電話番号も手紙を送った意図も無し。それでも彼女は来た。ずっと待っていたことを伝えに。(絶対会える!)


 ようやく空港の外に出てタクシーを捕まえて、運転手に手紙に書かれた住所を告げるとある公園までつれていかれた。「ここからそんなに離れていないのは確かなのね。いざとなったらこの写真を見せて・・」と桜乃は中学時代のリョーマの写真を見つめる。7年の間にずいぶん(自分もだけど)成長しただろうけど、自分の記憶にあるのはずっとこの顔。「面影はあるだろうから・・わかるよね、きっと!。で、この公園を出て左だっけ?早く会いたいなあ」


 そう言いながら桜乃は公園を出て・・右方向に進んでいく。鼻歌なんか歌いながら。



「ふうーん・・相変わらずなんだ。・・追いかけて声かけて大きな声出されても面倒だしね。ま、ぐるっとまわってくれば会うはずだから、大丈夫か」


 教えられたのとは違う方向にあるいていく彼女を見てリョーマは初めて桜乃と会ったときのことを思いだす。10年前のあの日を。(ま、いっか・・)





20××年6月 日本


「えっ?桃も海堂もビールじゃなくていいのかい?飲み放題でかまわないんだけど?」と河村はびっくりした顔でカウンターの二人に聞く。ここ河村寿司の常連である二人はそれなりに酒を飲み、そして喧嘩をする。中学以来の仲は大人になっても続いていた。ちなみに海堂は父親と同じ銀行員。なぜか年寄りウケが良く営業成績もなかなかのもの。桃城は後輩のカチローの父が勤めるテニスクラブのコーチになっていた。


「いいっすよ、タカさん。祝杯をあげるのは手塚先輩の優勝を見届けてからっすから。明日は休みにしてきましたから、もうじゃんじゃん飲むっすよ!」


「うっせえな、桃城!もう手塚先輩がテレビに映ってんだ、静かに見てろ!」


「まあまあ二人とも。あ、ほんとだ・・手塚の顔、久しぶりに見たけど・・変わってない・・のか?」


河村寿司のテレビではウィンブルドン選手権決勝の中継が始まっていた。8年前にプロになった手塚はここ何年かは4大国際大会でもベスト8どまりではあった。が、今年のこの全英オープンでは何かが違っていた。ほとんどストレートで勝ち進み、初めて決勝まできたのである。


「やっぱり、結婚したことが大きかったんじゃない?」と涼やかな声が聞こえた。


「不二!間に合ってよかったよ、さあ座って」


河村が不二の席を用意する。「ありがとうタカさん。ああ、ボクもビールは後でいいよ」


「あ、不二先輩は手塚先輩の結婚式に出たんでしたっけ。奥さんてドイツ人なんですよね?綺麗な人っすか」


「たまたま仕事で向こうへいく用事があったもんでね。今日は結婚式の写真も持ってきたんだ。ほら、これ」


「その写真には大いに興味があるよ。キミもそうだろ、英二」「あったりまえじゃん!あの手塚が最初に結婚するなんてほんとびっくりだよ!」


「あ、乾先輩と英二先輩もきたんすか。ほら桃城!先輩に席をあけろよ!」


「いいっていいって!別に気をつわなくてもさ。あ、タカさん。俺たちもウーロン茶ね」


そして乾と菊丸が加わる。この二人は同じ食品会社に就職。主に飲料開発担当で質の乾、味の菊丸と言われてるとかいわれてないとか・・


「ほら、この写真。手塚が唯一笑ってる写真だよ。」そう不二に言われてみんなが覗き込む。手塚に向かって小さい女の子が駆け寄ってきて、そして手塚が抱きしめようとしている写真だった。


「えっ?この子は手塚の子・・なの?まさかでしょ!?」あの手塚が結婚前に子供を作るなんてありえない・・と誰もが思った。


「・・この子はね、奥さんの亡くなった旦那さんとの間の子供なんだよ。奥さんは手塚より5歳年上でね。手塚とその亡くなった旦那さんは親しかったらしい。その人から奥さんを託された・・ってとこかな。ずいぶんと悩んだらしいけどね、お互いに。」


 お互いの間に好意がなかったわけじゃない。それは決して不実な気持ちだったわけでもない。夫の死の間際の遺言は誰しもが聞いていた。反対する人もいなかった。だが二人は気持ちのケジメがつけられなかった。だが・・


「手紙が・・出てきたんだって。亡くなった人が生前・・病気になった早い段階で書いたものらしい。妻と子供を頼むと。それが結婚という形なら尚さら嬉しいって。妻と子の幸せが自分の喜びで、それを頼みたい相手は手塚しかいないから・・って」だって僕は君のことも大好きだったんだよ、大切な親友として。なあ、君もそうなんだろ手塚。・・そうおどけた感じでしかし強い思いがこもったその手紙に後押しされるかのように、二人は結婚した。親友の死から3年が過ぎていた。


「いいっすねえ。俺もそんな恋がしてみたかったっす」と桃城が鼻をすすりあげながら言う。


「桃にだって相手がいなかったわけじゃないじゃん。ほら中学のときさ・・えーっと不動峰中の橘の妹の杏て子。いい雰囲気だったじゃん。あれからどうなったのさ。」


「・・ああ、あの子か。懐かしいね、ほら関東大会の時にあの子が持ってきた不動峰VS立海大付属のビデオをこの河村寿司で見たじゃない」


 菊丸の言葉を受けて不二が懐かしそうにテレビに目を向ける。画面には手塚のアップする様子が映っていた。


「橘いもうとのことっすか。時々うちのテニスクラブにくるっすよ。・・神尾と一緒に。」


「ということは、桃城はフラれたってことなのかな」なぜか乾の目が光る。


桃城は肩をすくめながら


「フラれるも何も・・俺たちは始まってもないっすから。中学のころの延長をずっと引きずってるようなもんですよ、そこらへんは。ただ・・」(最近はあいつも女らしくなって、神尾ともすごく楽しそうで。他のやつも言ってたもんな、お似合いのカップルだって。俺が後押ししたら、あるいは・・)あの二人もけじめをつけるのだろうか、手塚のように・・


「ま、まあ桃も考え込むなって。なんだったらうちの常連さんに頼んでいい人を紹介してもらってもいいんだし・・」


黙り込んでしまった桃城を気遣って話しかける河村に、不二がなにげない調子で聞く。


「そういうタカさんこそ・・今日は彼女はいないの?」


「ああ、今日は俺たちの貸切だし、気を使わせたくいないから休ませたんだよ」


そう答えた河村の言葉に菊丸が驚く。


「えっ?タカさんにも彼女いたんだあ。いいなあ、羨ましいにゃ」


「えっ?い、いや・・か、彼女ってわけじゃなくて・・2年ほど前から店を手伝ってくれる子がいて。そ、その子のことなんだろ?不二が聞いたのは」


ほんと・・タカさんは素直で嘘がつけない人なんだから・・と不二は心の中で笑う。羨ましいや・・ボクもそんな風になれたらもしかしたら・・と手塚の結婚式を目の当たりにして触発されつつある自分をどういい方に持っていくかが、これからの課題だな、と不二は思い河村に返答する。


「ボクは、彼女は?って言っただけだよ、ふふ。親父さんがこぼしてたよ。いい加減あの子と結婚してくれれば自分も安心して、この店を任せらるのにって。はやく孫と遊びたいんだってさ。親孝行してあげなよ、タカさん。それに彼女と相思相愛じゃないか、誰の目から見ても」


河村は真っ赤になって言い返す。「そ、相思相愛とか・・そりゃ気の付く子でお客さんからも可愛いって言われてて・・俺もそう思わないわけじゃないけど。でも、相手の気持ちは・・」


「先日、一見の客らしい人に『若奥さん』て言われたんだよね、彼女。そしたら今のタカさんみたく真っ赤になって違いますただのお手伝いです・・なんて答えたんだけど、そのあとに小さな声で嬉しいってつぶやいてたんだけどね」


「えっ!ほ、ほんとか不二!あ、いや・・・あ、あはは。そ、そんなのずーっと先の話だよ・・たぶん。そ、それより大石のやつ遅いな。もう試合開始だっていうのに」


「急患でもあったのかにゃ、研修医とはいえ大変だってよく大石からメールがくるよ」


「す、すまない・・だいぶ遅れちゃったな。レポート提出してたら遅くなっちゃった。タカさん、ウーロン茶をお願いするよ」「あいよ、ご苦労様」


「遅いぞ大石!間に合わないかと思っちゃったじゃないか。」


「悪いな、英二。あ、みんな揃っているんだな・・越前は?やっぱり来られないのか。」


10年前のあの日以来、久しぶりにこの河村寿司でテレビの中の手塚と共に顔を合わせた青学全国制覇のメンバーたち。しかしその中にはS1で全国ナンバー1と戦った当時1年生だった彼はいない。


「実家には連絡したんすけどね、帰ってきてはないみたいで・・。誰もアメリカでの連絡先知らないっすから。」


と、桃城が残念そうに言う。


「そっかあ、残念だけど・・彼もアメリカで頑張ってるのだけは確かだもんね。全米ランキングは1位で、とーぜんこのウィンブルドンにも出てくるものだと思っていたけど・・」


「そうだな、あの卒業式の後にやった試合でもつかなかった決着をウィンブルドンで見たかったんだけどな」


「始まるぞ」


その乾の言葉を合図にしたかのように、手塚がサーブを打つ


プロとしての手塚の試合を初めて見る彼らもまた緊張していた。


「凄いよ・・手塚」



数時間後、テレビの中では表彰式が始まっていた。


優勝トロフィーを受け取った手塚の顔は晴れ晴れとしていた。知り合いがしかも日本人初のウィンブルドン優勝を成し遂げたというのに、みなの心の中は妙に冷静だった。嬉しいのは事実、涙だって流したいなのに身動きができない。


「あ、手塚が笑った」と誰かがつぶやいた。


カメラマンも気づいたのだろうか、手塚の視線の先にカメラが寄っていく。そこには手塚の妻と子供がいて手塚に向かって手を振っている。そしてもう1度手塚にカメラが戻ると、手塚も手を振りかえしていた。顔に満面の笑みを浮かべて。


「・・・手塚って、あんな表情ができるんだね。初めて知ったよ」


「うん、彼はドイツに行って正解だったんだ。そして手塚はもう一人じゃない」


「俺たちの誇りっすよ、手塚先輩は」


「ああ、あの人の生き方を俺は目標にしていくぜ」


「いつか・・家族でこの店にきてほしいな」


「その前に俺たちが会いに行けばいい」


「そうだな、次は全米オープンあるいはデビスカップで手塚と越前が戦う。俺たちが最も見たかった試合だ。そのときはみんなで見に行こう!」「おー!」


(手塚、やったな!俺はスポーツ医学を極め、いつか必ずお前を支えるトレーナーになる。それが俺の人生の目標だ)


「青学ー!ファイオー!かんぱーい」





「な、なンで住宅街から外れて大通りに出ちゃうのぉ。もう全然道がわからないよ。こーなったらリョーマ君の写真を見せて・・」そして教えられた先にあったのは坂だった。


「この坂を上ればテニスコートがあるからいるかもしれない・・って、これは10年前の写真なのにぃ」


えっちらおっちら歩いていく。(もお疲れた・・)そう思ったとき不意に「まだまだだね」と越前の声が聞こえた気がした。(え、越前くん?まだまだ・・って。私の努力が想いが足りなかったってこと?嫌だそんなの!逢いたいんだもの!」


 そして坂を上がりきり前方に目をやると、テニスバッグを担いだ赤いジャージの青年がいた。


「あ、あのっ・・」桜乃は彼に声をかける。


そしてリョーマは振り向いて言った「案外、早かったね。やるじゃん

「リョーマ・・くん?ほんとにリョーマくんなの」桜乃は驚いて叫ぶ。面影は少しあるけど、でもずいぶんと背の高くなった彼はそれ以上は何も言わずに自分を見下ろしている。少し微笑んで。


「私ね、待ってたんだよ。あの時の約束通り、ずっと・・」この7年間、あの時のリョーマの言葉と自分のリョーマを想う確かな心だけが自分の支えだった。


「わかってる、だから俺もここで待ってた。」「え?」「あんた・・間違って公園を右にいったでしょ。でも俺にたどり着いてくれるって思ってたから、だからここを歩いてた」


見てたんなら・・と抗議しようとしたが代わりに口から出てきたのは嗚咽だった。7年ぶりに会った彼はやはりあの頃と変わってなくて自分はこの人が好きなのだと再認識して。


 中1の春、初めて会ったあの時から心の中にためこみ、膨れ上がってく一方だった想い。会わない期間の方が長かったこの10年だけど、それでも彼を好きだという気持ちは途切れることがなく、今この瞬間に堰を切ったように想いがリョーマへと流れていく。涙と共に。 


「わ、私ね。リョーマくんから手紙をもらってすぐに仕事をやめてきたの」


「えっ?」


「だから・・リョーマくんと一緒にアメリカにいたいの。そのつもりで来たの。・・ダメ・・かな」



「竜崎は強くなったね・・なんか母さんと似てる気がする」


そう言って、まだ泣き顔のままの彼女の手を握り、片方の手で彼女のおさげを触りながら彼は今の想いを告げる、



彼の両親が出会い彼が生まれたこの地で。そして自分が一番超えたい相手のテニスの原点であるいわば全ての始まりである青学で出会ったこの彼女にあの卒業の日の会話の続きを・・





竜崎が待っているんなら・・逢えると思うけど?


って君にいってからもう何年になるかな


親父を超えて・・はいないけど


まだまだだとは思うけど


ここからは俺を支えてくれる人が必要だと


・・親父がそうだったように



さんざん待たせておいて


かっこいいことも言えなくて


かなり情けないんだけど


でっかい夢を君と一緒に掴みたい


そのほうがずっと楽しいって気づいたから



このアメリカの地で二人で・・