ドラコ救済夢小説 あとがきのようなもの

作中の単語、ドラコについて



出来れば、『アズカバンの囚人 マローダーズマップ 』まで目を通していただきたいです。



作中に出てくる単語について。

原作では「忍びの地図」という名前だが、こちらではそのままの「marauder's mapマローダーズマップ」にしました。

「marauder's 」とは、直訳すると「略奪者」になるようですが、ヒロインはこの単語の意味を知らないので、日本語に訳すことはせずにそのまま「マローダーズマップ」にさせていただきます。

「マローダーズ」と聞いて「忍びの」と略すとは思えないし。

それからお菓子の名前で、原作では「ペロペロ・キャンディ」となっているところをこちらではそのまま「ロリポップ」とさせていただきます。

「ロリポップ」とは、棒付きキャンディーのことらしいです。

このような感じで、ここのヒロインの感じ方によって日本語訳の原作とは違った単語になる場合が多々あるので、ご了承ください。


次のページでは、ドラコについてです。

今までのドラコの不可解な行動について(私が覚えている限り)説明しておきます。

別に知らなくても読み続けられるので、特に知りたくない方は読まなくても大丈夫です。

本当にネタバレです。

ドラコ本人にとって、ヒロインには知られたくないことなので、そういう意味でもかなりネタバレ。

正直言って、ここでこれを知ってしまっては面白くなくなるかもしれません。なので、本当にドラコが意味分からんって人用です。



1 / 2