殺戮の6つ子

炊き込まれ♡ご飯
@fururu_0913

B6 目覚め

_____カラ松!カラ松!


______ここは、どこだ?


______カラ松兄さん!


______僕は一体・・・・?


______おい、クソ松!!


____!!!!


目覚めたら、何もない所だった。

あれ?僕は誰だっけ?

・・・、僕はカラ松だ。

兄弟たちと一緒にいて、いつも笑っていた。

覚えているのは、それだけだった。

「寒いな。」

きっと、寒いのは、腕まくりしているからだ。

でも、腕まくりをやめることは出来なかった。

何故なら、これが自分だと思ったからでもあるし、カッコいい服の着方という感じがした。

「行こう。」

カウンセリング室のような無機質な部屋からでて、廊下をまっすぐ進んだ。

途中、壁に何かが書かれていた。

「『天使か、生贄か』?」

この言葉が一番印象に残った。

「こ、これは!!!」


「かっこいー!!!!」

思わず、叫んでしまった。



1 / 3

著作者の他の作品

!注意!フリゲのキャラと、#コンパスキャラが一緒に出てきます!苦手な人はス...

#コンパス妄想小説(というか想像)#コンパスが出来てすぐのの話。〜ここまでの...