表紙

夢物語の延長線

二刀使いはある日、弾かれた過去と邂逅する。

著作者の他の作品

何度嫌いだって言っても、何度忘れようとしても、最後は結局大好きだって思う...

そして彼女は彼女ではなくなった。