好きな人の好きな奴

あずき
@azuki_3298

ずっと初恋

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。



「なん、で……」



なんで知ってるのと言いたげな優の言葉に俺は素直に答える。



「気づかんわけないやろ。俺ら何年一緒におると思ってんねん」



何年一緒に。

もう十一年目か。

俺らもうそんな長いこと一緒におるんやな。


そんな仲良しこよしの幼馴染の関係を壊すのは、他の誰でもない自分自身。


優はこんな俺を許してくれるだろうか。



「その髪」



俺はずっと触れたかった優の髪にそっと手を伸ばす。


俺の太い髪とは大きく異なる柔らかい髪。

細くてふわふわで、とても繊細そうなその髪は今日もキラキラと輝いている。



「俺は好きやで」



腰まで伸びたロングも、首が丸見えになるほどのショートも。



「昔ロングが好きや言ったけど、ほんまはなんでもええねん」



優の髪ならなんでもいい。

ロングでもショートでも、どっちでもいいんや。


お前やったら、なんでもいいねん。



「ずっと前から好きなんや」




ずっと、ずっと。

自分が自分の気持ちに気づくずっと前から、俺はお前が好きなんやから。


たぶんきっと、これは出会った頃からずっと初恋。




7 / 7