番外短編集

ゆき@A5158
@y01_k25

素敵帽子と猪口冷糖【1】

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

『ヴァレンタイン?』


「そうじゃ、好いてる男子に猪口冷糖チョコレイトを渡すという風習があってのう」


そんな風習があったんだ


知らなかった


受像機テレビで特集してたけど


興味なかったからなぁ…


よし、非番の日に街に行こう




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+




『………』


来たはいいものの


何がいいのかわからない


紅葉とか樋口と一緒に


来ればよかった


箱を幾つか手に取って


どんなのがあるか見る


お酒の猪口冷糖チョコレイトもあるんだ


あまり甘いのは中也好きじゃないよね


あ、コレ可愛い…でも、中也はなぁ


…よし、こういう時は











(悩み込む姿が)(可愛らしいと)(話す人集り)