魔導姫戦記

ウロボロス団
@ouroboros_dan

序章

戦士達の亡骸が無数に転がる古城に、激しくぶつかり合う金属音が響き渡る。


そこはグレゴリウス皇帝の玉座の間。

帝国軍最強と謳われる近衛兵長シグムントと、革命軍の若き志士シグルズの、剣技の応酬。

互いに、自身の身長程もある大剣を両手で振るい、その長大さから想像される重量にそぐわぬ、無数の剣閃が描かれる。

だが、それらがぶつかり合う衝撃音は、紛れも無く重量級武器のそれだ。

やがて、同時に剣舞を止めた両者。

共に肩でする息は荒い。


「見事だ…我が息子よ…」

それは、シグムントの生涯最期の言葉となった。




近衛兵長が力尽きた今、皇帝を守る者は誰

も居ない。


「チェックメイトですな、皇帝陛下。」

革命軍のリーダー・オーディンが、そう言って不敵な笑みを浮かべた。


皇帝「愚かなり逆賊供よ。

グレゴリウス王家のみが神より授かりし力… "魔法" による裁きを受け、滅び去るが良い。」


皇帝の召喚魔法によって現れた聖獣・ピュラリスが炎の息吹を放つ。

だが、その前に立ち塞がった革命軍のアリハマ博士が手をかざすと、光の壁が炎を遮った。


皇帝「⁉︎

バカな…その力はまるで魔法…

なぜ王族でもない者がその力を…?」

オーディン「陛下、ご覚悟を…」










…それから16年後、舞台は同じくグレゴリウス城。

アカデミーの学生が、課外授業の史跡見学に訪れていた。


教師「〜かくして革命戦争は終結し、グレゴリウス帝国の統一支配から世界は解放されたのである。

さて、ではその結果、世界はどうなったか、説明できる者はいるかな?」


「はい。」

女生徒が挙手する。


教師「ではミシェル君。」

ミシェル「はい。

世界各地に独立国が誕生しました。

そして、それまで帝国が独占していた魔法の力の恩恵を、多くの人々が受けられるようになり、その生活は便利で快適なものになりました。

それから…」


ミシェルの表情がやや曇る。


教師「他にまだ何かあったかね?」

ミシェル「…人や生き物が異形化、凶暴化する奇病 “メタモルフ” が流行しました。」

教師「ふむ、その通り。

まぁ、メタモルフの流行と革命戦争の因果関係は無いと思うがね。


…さて諸君。

これより、ここ 旧グレゴリウス城跡にて、自主見学をしてもらう。

アースガルド騎士団の方々が警備にいらしているが、外にはメタモルフも出没するので、決して出ないように!

では解散!」


そのアカデミーは、戦後、独立したアースガルド国の議長となったオーディンが設立した、貴族から孤児まで身分に関わりなく教育を受けられる学校である。


何やらソワソワしている男子生徒が、意を決して、しかし緊張しながら口を開く。

「…あっ、あのっ、ミシェルさん!」

ミシェル「あら、ラグナ君?」

ラグナ「あのっ、い…一緒に見学しませんか?」

ミシェル「そうね、そうしましょう。」


あっさり承諾されたが、残念ながら、どうやらラグナの真意には気付いてない様だ。




「いいねぇ、青春だねぇ。


…つーか、なんでこの俺様が、ガキんちょ供の史跡見学の護衛なんざ…」

警備に参加していたシグルズが、遠くで眺めながらぼやいた。

革命軍の若き志士も、あれから16年…

今や "革命戦の英雄" と呼ばれるに相応しい風格を携えている。




一方その頃、怪しい女生徒が2人…

「潜入成功っと♪

さ、行くよリン!」

リン「でもランちゃん。

こんだけ居る中から、どやって探すの?」

ラン「そうさねぇ…

メタモルフでも乱入すれば、ご主人様のピンチに駆けつけるんじゃない?」

リン「な〜るほど、メタモルフ…ね♪」


2人は学生になりすまして潜入し、何やら探しているようだ。

城内を探索し、城門付近に差し掛かる。


ラン「シッ!隠れな!」


城門に衛兵が2人。


兵士A「おい。」

兵士B「なんだ?」

A「二階級特進おめでとう。」

B「?

何の話だ?

…ぐわっ‼︎」

A「君はメタモルフの襲撃で殉職した。」


兵士は同僚を槍で突き殺し、城門を開けた。

血の匂いに誘われ、野犬のメタモルフ・バージェストが続々と侵入する。


ラン「どうやらウチらと同じ事考えてる奴が居るみたいね。

しかも本物のメタモルフ使って…

死人までだすとは、ヤリ方がスマートじゃないね。」

リン「どうする?」

ラン「先越される訳いかないからね。

この騒ぎに乗じるよ!」




突然のメタモルフの襲撃に、シグルズをはじめとする騎士団が応戦する傍ら、騎士を目指すラグナも奮戦する。

また、ミシェルにも剣の心得がある様だ。


シグルズ「嬢ちゃん、剣はどこで習った?」

ミシェル「わかりません…

物心ついた頃からお稽古が習慣だったんです。」

シグルズ(どっかの戦没貴族の出身か?)


そう、ミシェルは戦災孤児なのだ。

騎士団、とりわけシグルズの活躍により、一時は騒然となったものの、大事には至っていない。


ラン「革命戦の英雄シグルズか…

流石に厄介だね。

やっぱウチらの『メタモルフ役』も出番かね。


…もしもし?」


ランが肩の上の小鳥に話しかける。

それはアルキュオネと言う、元々は帝国に使役されていた聖獣である。

テレパシー能力で、遠くの者と会話が出来る。

アリハマ博士が模倣して造り出す事に成功し、今や富裕層を中心に多くの人々に普及している。

そのアルキュオネで、どこかに連絡を取っている様だ。




メタモルフの駆除は着実に進み、騒動は沈静化しつつあるかに見えた。

そんな矢先、城内に轟音が響いた。


1人の兵士が走って来る。

「シグルズ殿、応援頼む!

今までのメタモルフとはまるで違う奴が現れた!

我々では全く歯が立たん。」

シグルズ「ほほぅ、そいつぁ面白ぇ…


坊ちゃん、騎士になりてぇなら嬢ちゃんを体張って守ってやんな。」


そう言い残してシグルズはその場を去る。

その後、メタモルフの生き残りが再び襲い掛かって来た。

ラグナはミシェルを庇って傷を負う。


ミシェル「ラグナ君‼︎」


すると、どこからか不思議な小動物が現れ、魔法の様な力でラグナの傷を癒した。

活力を取り戻したラグナは、辛うじてメタモルフを退ける。

小動物はミシェルに懐いている様だ。


ミシェル「ありがとう、ラグナ君。

それと、小さな騎士様♪

でも、見た事ない子だね…」


リン「ターゲットは〜っけ〜ん♪」

ミシェル「きゃあっ‼︎」

ラン「坊や、あんたの彼女、ちょっと借りるわね。」


突如現れた2人組に、ミシェルは捕らわれる。

小動物にも、この事態を打開出来る様な能動的な力は無いらしい。

なす術なくミシェルの傍らで威嚇するだけだ。


ラグナ「かっ…彼女って…

ってか、ミシェルさんを放せ‼︎」

リン「照れてる?

かわい〜坊や。」

ラグナ「君の方が子供だろっ⁉︎」

リン「あーっ、子供ってゆったなー⁉︎」

ラン「ふざけてないで行くよっ!」


逃走するランとリン。

再び伝話鳥アルキュオネでどこかに連絡する。


「待てッ‼︎」

ラグナも後を追う。




一方その頃…


シグルズと対峙するのは、長い尾と大きな翼を持ち、全身鎧の様な鱗で覆われた、メタモルフにしては醜悪と言うより精悍な姿の生き物だった。


シグルズ「コイツぁ確かに普通のメタモルフじゃねぇな。

これだけ圧倒的な力を持っていながら、誰も殺さねぇで、あしらってるだけ…

まるで時間稼ぎだ。

…時間稼ぎ⁉︎」


その生き物は、何かに気付いたかの様に戦いを止めると、突如飛び去った。


シグルズ「待ちやがれ‼︎

お楽しみはこれからだろ⁉︎」




城の外に逃走するも、崖っぷちに追い詰められたかに見えたランとリン。

そこへ、先程までシグルズと戦っていた生き物が飛来する。

ランが放り投げたロープを掴むと、3人を連れて空へ舞い上がった。


「待てッ‼︎」

ラグナも必死にロープにしがみつく。


リン「ちょっとッ、エッチ‼︎」

ラグナ「あっ、ゴ…ゴメン!」

リン「しつこい男はモテないよ‼︎」

ラン「アタシはその情熱、嫌いじゃないけどな〜。」

リン「ええぇぇぇ〜、ランちゃん⁉︎」


そこへ、別の追跡者が辿り着く。


ラン「あッ、アイツ‼︎

仲間を殺して城門あけた奴‼︎」

ラグナ「えっ⁉︎」


「逃がさん。」

兵士は渾身の力を込めて槍を放り投げた。

それはロープを切断し、4人は崖下の森へと落下する。




ラグナ「ミシェルさん‼︎大丈夫ですか⁉︎」

ミシェル「…私は大丈夫。

あの方達が庇ってくれたから…」

ラグナ「えっ?」

ラン「ウチらは平気さ。

慣れてるからね。」

リン「落ちたのが森で良かったよね〜♪」

ラグナ「あの…さっきの話…」

ラン「…‼︎

後でね、坊や。」


ランは一歩前に進み、剣の収まった鞘を腰に、低く身構える。

茂みの奥からメタモルフ化した人間・ゾンビが続々と現れ、ランを取り囲んだ。

ランの右手がピクリと動いたかと思った刹那、一閃が弧を描いて走ると、次の瞬間、ランの周りに群がったゾンビ達はピタリと立ち止まり、一呼吸置いてバタバタと倒れていった。

ランに目をやると剣を抜いている。

それは、薄暗い森の僅かな光を反射して美しく輝く、細身で緩く反った片刃の、見た事もない剣だった。


ラン「ほら、ボサっと見てないで!」

リン「ほいほーい!」


リンは丸腰に見えたが、見た目にそぐわぬ剛力と秀でた格闘技で、ダンスでも踊るかの様に華麗にゾンビ達を薙ぎ倒していく。

4人は協力してメタモルフを退けた。


ラン「ふぅ…

この際お互いの立場は置いといて、共闘するしかないみたいね、生きて帰るには。

あたしはラン、こっちは妹のリン。」

リン「よろしくね〜♪」

ミシェル「ミシェルです。」

ラグナ「…僕は…ラグナ。」


その時、伝話鳥アルキュオネが鳴き出す。


ラン「もしもし…わかった。


仲間からだ。

こっちだよ。」


ランとリンは森の奥に向かって歩き出す。

ラグナはためらうが、どの道ついて行くしかなかった。


リン「ねぇねぇ、さっきの話…気になる?」

ラン「あんたの国にも、この子を探してる奴が居るみたいね。

メタモルフまで利用してさ。」

ラグナ「君達だってメタモルフを…」

ラン「あの子はメタモルフなんかじゃないよ。

竜…ドラゴンさ。」

ミシェル「おとぎ話に出てくる、大昔に滅んだって言う…?」




話の腰を折るように度々襲ってくるメタモルフを退けながら、ひたすら森を歩く。


ミシェル「皆さん、私にどういった御用が…?」

ラン「宝探しに付き合ってもらう…かな?」

リン「それと、世界平和の為!…だね♪」

ラグナ「真面目に答えて下さい!」

ラン「大マジなんだけどなぁ〜。」




しばらく森を進むと、奇妙な建造物に辿り着いた。


ラン「ここか…待ち合わせには打って付けの目印だね。」


そこへ、先程のドラゴンが舞い降りた。


ラン「あんたも連れてったげようと思ったけど、お迎えが来たから大丈夫そうね。」

リン「ミシェルちゃんの事、悪いようにはしないからさ、心配しないでよ。」


そう言うと、突然ラグナは突き飛ばされ、ミシェルを抱えてランとリンは竜の背に飛び乗る。


ミシェル「ラグナ君‼︎」

ラグナ「ミシェルさん‼︎ミシェルさーーん‼︎」


そこへ、搜索に来ていたシグルズら騎士団が辿り着いたが、3人を乗せた竜は飛び去った。


シグルズ「チッ、逃げられた!


おい、坊ちゃん、無事か⁉︎」




シグルズらに保護されたラグナは、アースガルドに帰国する。


ラグナ「父さん!」

オーディン「おぉラグナ!

無事で何よりだ。」


そう、ラグナは、かつての革命軍のリーダーにして、現アースガルド国議長・オーディン=ヴァルホルの息子であった。


ラグナ「でも、僕の…友達が拐われてしまいました。」

オーディン「案ずるな。

すぐに捜索隊を派遣しよう。

とりあえず今日はゆっくり休んで、明日、何があったか話しなさい。」

ラグナ「僕も捜索に参加します!

今すぐにでも!」

オーディン「馬鹿を言うな。

お前はまだ学生だ。何も出来まい。

とにかく今日はもう休め。」


そう言って部屋を去った。




翌日、ラグナは伝話鳥アルキュオネから発せられた言葉を聞く。

いや、ラグナだけではない。

世界中に普及した伝話鳥アルキュオネが、同時に同じ声明を伝えた。


「我が名は、ルーシェ=アリッサ=グレゴリウス。

グレゴリウス帝国の正当なる王位継承者である。」


ラグナ「‼︎

…この声…ミシェルさん⁉︎」






続く…

著作者の他の作品

世界の全てを手に入れるはずだった姫は、3歳の時、全てを失った。革命と言う...

世界の覇権を取り戻すべく再興を目論むグレゴリウス帝国と、人や獣が凶暴化す...