魔術師→祓魔師

アメツキ
@black_a_dream

乱れそめにし〔分岐Ⅱ〕

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

⏩『振り払う』




 突然の事でいっぱいいっぱいになってしまった海琉は、『…ごめん』と言って金造の手を振り払うと、速足で来た廊下を引き返した。

 金造は、振り払われた手を見つめ、呆然と立ち尽くしていた。


◇◇◇


 引き返した海琉は、蝮の部屋へ戻らないよう廊下を進んでいた。

 

『(…少し、頭を冷やそう。

  …自分の部屋へ戻ろうか。

  それとも、中庭に行こうか...)』


 思案しながら歩いていると、丁度、自分にあてがわれた部屋へ戻る方と、中庭へ行く方の分かれ道へとたどり着いた。


『(どっちに行こうか...)』


⏩『自分にあてがわれた

  部屋へ行く左側の廊下』

 (廉造ルート/〔夢と知りせば〕へ)


⏩『中庭へ行く右側の廊下』

 (蝮ルート(友情?)/〔君がため〕へ)