後輩の屈折した恋心と鈍感な先輩

未来 哉巴
@kanaha_m

終章:おまけ



【史壱君と神流】



 誰かが階段を降りて来る。

靴箱から教室に向かう階段の前に立っている宅福 史壱(ヤカネ フミイチ)の耳に、かつかつ、と靴を鳴らす音が聞こえてきた。

史壱が懇意にしていた後輩、宮原 神流(ミヤハラ カンナ)が、史壱の親友である夏木 羽李(ナツキ ウリ)と話をしている筈であり、無事に終わったのだろうかと階段を見上げる。



 暫くしない内に、足音の主は史壱の前に姿を現した。

案の定、神流であったことに安堵し、自然と笑みが溢れる。


「やあ、宮原。話は出来た?」


神流の表情がとてもにこやかで、どことなくウキウキしているような、浮かれているような、そんな楽しそうな雰囲気を感じ取り、史壱は迷うことなく問い掛けた。


「いえ。先輩、寝てしまっていて。起こすのも可哀想だったので、やめました」


だが、返ってきたのは予想外の答えで、史壱はあんぐりと口を開けてしまう。

最後の段を降りて隣にやって来た神流を窺えば、彼は照れたように目を伏せた。

どういった反応なのか解らずに、ただただ神流を見詰めてしまう。


「良かった、の?」


何とかそれだけを問えば、彼は静かに首肯した。


「きっと、今はこれが正解なんだと、思うんです。でも、諦めた訳ではなくて。そのことで、先輩に折りいった相談があるんですが」


ふふ、と神流が含み笑いを浮かべる。

この後輩がこういった笑い方をする時、何故だかとても恐ろしくなる。

史壱は目を瞬かせて、首を傾げた。

聞いても大丈夫なお願いなのか、不安になる。


「僕に出来ること?」

「はい。ただ、羽李先輩の動向を教えて貰いたい、それだけです。勿論、先輩の解る範囲で構いませんので」


そういうことか、と合点がいった。

頃合いを見計らい、アクションを起こすのだろう。

危ないお願いではなかったことに安心して、確認するのも野暮かと何も聞かずに頷く。


「そのぐらいなら、いいよ。いつものメアドに送ればいい?」


嬉しくなり双眸を眇める。

羽李は大事な親友であり、神流は可愛い後輩だ。

二人が上手くいけばいいと、ずっと思っていた。

神流が羽李を諦めないのなら、自分は変わらずに応援するのみだ。


「はい、お願いします。また連絡しますね。それでは」


神流の目も細まり、安堵したのか、ほっと息を吐き出している。

そのまま彼は頭を下げて去って行った。


「しかし、羽李も罪な奴だなあ」


叱ってやらなくては、と嬉々として階段を上がって行くのだった。


1 / 3

著作者の他の作品

メンタル/シリアス/自傷行為/児童虐待/殺人表現/多重人格/加虐表現/少年犯罪/...