セルフお題コーナー

うらりょん@ハンクラウェーィ
@StellaScentFlos

冬の体温

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「冷えますね…」

「研究室は日当たりが悪いからね。必要なこととはいえ冬が辛いのは理解できるよ」

気象情報によれば、十年に一度の寒波が日本を覆っているらしい。

「…とはいえ、手がかじかんで作業に支障をきたすのは好ましくないね?少し、休憩をいれようか」

彼の言葉にほっとする。

「さて。では、手を出したまえ」

「手、ですか?」

疑問符を浮かべながらも言われるままに手を差し出す。

「ああ、思ったより冷たいね…ここが会社でなければお互いの体温で温めあうというのが相場なんだが、」

優しく手首に触れる唇。

「今はこれで我慢してくれたまえ」

体温が一気に上昇するのが分かる。

「それでは、コーヒーを淹れてもらえるかな?」

──そう言って凌馬は、悪戯っぽく笑ったのだった。




著作者の他の作品

投稿者のひとりごと、まさかの戦極凌馬編です。ネタバレにご注意下さい。

甘く苦い果実を中心に、番外編や後日談について語ってます。ガンガンネタバレ...