秘密のある社長の娘

王櫻&北竜🐢🏯お疲れ様でした!
@KIZAKURA0415

第20章! おや?蘭丸の様子が…


蘭丸「それは…」


〜蘭丸が言おうとした時〜


「それはぁ!!愛夢の心を代弁したからでぇす!」

春歌「((・д・)チッ!いい所だったのに!社長!)」←

藍「(仕方ないよ自分の娘だからさ)」

カミュ「(甘くないな)」

シャイニング早乙女「アナタ達とわぁ愛夢は食事しませぇーん」瑛一「なに?」

ナギ「えー」綺羅「ホントに食べない?」

瑛一「(綺羅が喋った!?)」

ナギ「(( ▔•з•▔ )ナンヤテ!)」

愛夢「は、はい( ˊᵕˋ ;)💦ごめんなさい」

〜そう言って蘭丸の後ろに隠れた〜

瑛一「( ´・ω・`)仕方ないな…俺たちは行くぞ」ナギ「はーい」綺羅「…トコトコ」


那月「(もしかして綺羅くんって子愛夢ちゃんの事本気で好きなのかな?)」

春歌「(確かにあの積極的な感じ…そうかも知れませんね)」カミュ「(要注意だな)」

蘭丸「おい大丈夫か?」愛夢「は、はいだ、大丈夫です💧」蘭丸「あんま無理すんなよ。」愛夢「はい(´∀`)」


〜食事を終え愛夢は部屋のベランダで夜風に当たってた〜


愛夢「(*´・ω・`)=3…ん?アレは…」

〜愛夢はこっそり部屋から出て外に出た〜




1 / 3

著作者の他の作品

どーも!作者でーす!タイトルは多分関係ないと思うのです!この話は前に合計1...

どうも作者です!この物語は文ストの芥川龍之介との恋愛(?)の少し手前の話に...