メンヘラちゃんとヤンデレ君

うらりょん@ハンクラウェーィ
@StellaScentFlos

ロイヤルブルーの想い

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

コーヒーのカップが空になって。

ちょっと待っててね、と席を外した鏡を待つあいだ、私は期待と不安の間を揺れ動いていた。

付き合って下さい、と言われるのかな、いやいや自意識過剰だろうか、でもさっき私のことを好きだってはっきり言ってくれたし…それともまさか一足飛びにプロポーズ!?…

「おまたせ」

そんな煩悶に終止符を打ったのは、小さなビロード張りの箱を手にした鏡だった。…心臓が大きく跳ねる。

「里沙さん。左手、出して?」

おそるおそる左手を差し出す。鏡が小箱の蓋をあけると、そこには大粒のサファイアをあしらった指輪が収められていた。

「綺麗…。」

「気に入ってもらえてよかった。…石は何にしようか迷ったんだけど、サファイアの宝石言葉は、誠実、だから。これにしたんだ」

優しく薬指に嵌められたその指輪は、かけらほどの違和感もなく指に馴染んだ。

「里沙さん、…僕と、」

真摯な瞳。真直ぐな視線。

「…僕と、付き合ってくれませんか?」

「…喜んで」

この胸に灯る炎は、ただ単に温かいだけではないと。本当は気付いていた。

「じゃあ、鏡。…私のことは、里沙って呼んで欲しいな。恋人、に、なったんだから。ね?」

「そうだね、…里沙。愛してるよ」

少しくすぐったいような、だけどこれ以上ないくらいの幸せな気持ち。

「ありがとう。私は、…愛、っていう感情は、正直、まだよくわからないけど…世界で一番、鏡のことが好きだよ」

十分だよ、と鏡が微笑む。

「鏡は、何処にも行かないで、ずっと、傍にいてくれる?」

「もちろん」

『誠実』。…鏡にぴったりの言葉だ。永遠なんて存在しないと頭ではわかっているはずなのに、彼の言葉は不思議と信じられた。

「…これからは、ずっと一緒だよ」

愛おしげに細められる瞳。優しく頬に触れる指。

突拍子もない出会いかただった。奇妙な関係だった。…だけど。

「…ありがとう」

彼に出会わなければ、きっと今もあのアパートで、リストカットを繰り返すだけの生活をしていただろう。もしかしたら、ただそれだけの人生になっていたかもしれない。

そっと頬に触れる手に手を重ね、指を絡める。

「鏡に、会えてよかった」

「うん。…僕も、里沙に会えてよかった」

重なる手、重なる唇、…重なる想い。


あなたとなら、きっといつまでも。



著作者の他の作品

スキを頂いて超浮かれてる投稿者です。光実君夢と新シリーズ、僕と契約して魔...

合計アクセス数、1000突破!ありがとうございます!光実君夢のひとりごとに続...