表紙

夢見る者たちの平行世界

誰かが望んだ運命、使命、そして宿命。
誰かが描いた未来、過去、そして現在。
あり得るはずのない世界が、誰かの願いによって創り出されたのだ。

たいそうな事を言ってますが、うちの子とかよその子とかの短編集です。
もとが140字なのでとても短いです。

目次
著作者の他の作品

お母さんが造った、それは何か。わからないけど、きっとそれはいいもの。

裏切られた騎士と魔女様は出会った。生きて出ることのできない、魔の森で。