我ら、白ひげ幼稚園児!

占い歴8年@師匠は歴女!
@kazeharu96

白ひげ幼稚園、開園!

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

ここは白ひげ幼稚園。ここに通う子供たちはみんな個性的。少し覗いて見ましょう。


「おいエース!俺のおやつ取るなよー!」

「だって腹減ったんだもん!」

「だからって人のを取るなよい…」


あらあら、随分賑やかしいです事。テンガロンハットの男の子は、随分と食いしん坊なのですね。


「たく、仕方ねぇな。俺がおやつ作ってやるよ!親父ー、キッチン使ってもいいー?」

「よっしゃ!サッチのおやつ大好きー♪」


あら凄い。リーゼントヘアの男の子は料理が得意な様子。園長先生から許可を貰って、慣れた手つきで作ったのは、大きなパウンドケーキ!パティシエ顔負けのいい出来です。


ここ白ひげ幼稚園は、身寄りのない子供達でも住み込みで通えるマンモス幼稚園。多くの子供達が、居場所を求めてやってくるのです。その全ての子供達を無条件で受け入れるのが、園長先生であるエドワード・ニューゲート。彼は子供達に自分の事を親父と呼ばせ、家族のように愛しています。まさに教育の鏡、素敵な幼稚園ですね。


「グララララ!相変わらずだなぁエース、子供の内は喰ってもすぐにエネルギーに変わるもんだ。たらふく食いやがれバカ息子共!俺を超えられるほどに大きく育ちゃあ俺ァ満足だァ!」

「流石に親父は超せねぇよい…(汗)」

「俺、親父より大きくなったら親父のこと守ってやるよ!」

「そりゃあ楽しみだ!…っと、言い忘れるところだったな。お前らに話がある。耳穴かっぽじってよぉく聞きやがれ!」


あら、園長先生からのお話とは何でしょう?皆興味津々な様子で園長先生を見つめています。


「お前らに姉ちゃんが出来るぞ!今日こっちに来る筈だ。」

「「はぁぁぁぁ?!姉ちゃんだぁぁぁぁ?!」

著作者の他の作品

不思議っ子な少女は、毎日が賑やか。彼女の所有するタロットカードが、彼女の...