アイマスSideM 夢小説詰め

アイル☆怒涛のドラスタイベで墓行き(白目)
@airukurobasu

ハロウィンドッキリ(2)

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

打ち合わせが終わり…


翼「はぁーお腹すきましたー!」


輝「よしっ!いっちょ行くか!!桜庭も行こうぜ!」


薫「僕は遠慮しておく。」

と事務所をあとにして行った。


輝「なぁ…いつにも増して桜庭が連れなくないか?」


翼「薫さん…いつもより様子がおかしいです。」


輝「あぁープロデューサーといい、桜庭といい…」

と言った時にガチャと事務所の扉が勢い良く開き


英「輝ー!翼!薫はどこにいる!?」


輝「桜庭なら外出たぞ」


翼「あの 英雄どうかされたんですか?」


英「龍が倒れてて…首筋に二つの穴があったんだ…」


輝「あっ!それプロデューサーにもあった!」


翼「首筋に二つの穴がって…やっぱり吸血鬼ですよね…」


輝「おいおい…冗談きついぜ…」


翼「でも…何故…薫さんが…あっ…そんな…」

と表情が真剣になる。


輝「翼?」


翼「さっきの打ち合わせ…あまり薫さん…話さなくて…ふとたまたま話したタイミングの時 口元見たら…牙が二つあったんです…一昨日までは無かったはずなのに…」


輝「じゃ…ってことは…」


(続く)