狐と死神の怪<カイ>事情

沙羅/和葉@KOM四回目行ってきた。
@aobiyori_sara

口は災いのもと


「神無月って、幽霊が見えんの?」


 お昼休み。

 別棟にある情報処理室に向かう途中の渡り廊下で、突然そう問われた。



 ◆  ◆  ◆



 稲荷神社に珍しい参拝者が現れ、白真はあんぐりと口を開けながら、今の光景を眺めていた。

 稲荷神社は古く小さい神社で、普段の参拝者は少なく、初詣以外の参拝者は珍しい分類に白真は入れている。

 白真はこの神社の神で白狐だ。白い毛並みと銀色の目が特徴的。

 その姿も一部の者にしか見えない。

 見える者は、同じ神の分類か、妖か、極端に霊力が高い人間のいずれかだ。

 話を進めよう。

 場所は、稲荷神社の境内にある池の側だ。

 今、白真の目の前には、一人の女子生徒が座っている。

 名前は、竹中みどり。神也の同級生だそうだ。

 白真の背後には、神無月神也と彼から一つ下がった所に、これまた同級生の神崎鈴那が座っている。

 ここまでは良いのだ。と、白真は思う。

 三人が稲荷神社に来て、深刻な話し合いが今まさに始まろうとしても、特に問題ではない。

 問題は……。


「何だこいつ」


 問題は、みどりの背後に居る……男の幽霊だ。





 神也は困っていた。

 学校で同級生の女子に呼び止められたと思ったら、「幽霊が見えるの?」などと聞かれるし、彼女の背後を見ると射殺すような目で自分を睨む幽霊が居るし。

 幽霊のスペシャリストである鈴那の所に行くと……。


『あなたが好きなのは、私よね?』


 と、こちらも殺す勢いで詰め寄って来て、胸ぐらを締め上げられる始末。

 どうやら鈴那は、神也とみどりが親しく話している姿を見て(彼女にはそう見えたようだ)、心変わりしたのではと心配したそうだ。

 神也は鈴那の事が好きだ。彼女も白真からそれを聞き、知っている。

 二人よく一緒に居るが、付き合ってはいない。

 鈴那は待っているのだ。神也からの正式な告白を。

 神也も彼女が待っている事を知っているが、言う機会が無くうやむやにしている状態だ。

 怒る彼女をなんとか宥めて誤りを解き、事情を説明する。

 彼女も分かってくれて、死神の案件だからと一緒にみどりと会う約束をして、今に至る。


「えーっと、竹中さん……。何で俺が、幽霊が見えるって思ったの?」


「ある人に教えられたの」


「ある人?」


 みどりは「それは言えない」と、首を横に振った。


「それで、“幽霊の見える”神也君に何の用なの?」


 鈴那が問う。

 みどりは鈴那に視線を向け、質問に答える前に質問をした。


「さっきから思ってたんだけど、何で神崎ちゃんが居るの?しかも、おっかない顔して。あたしは、神無月に頼みに来たんだけど」


「おっかない……っ!?」


 鈴那の目がつり上がる。

 女同士のバトルが始まりそうになる所で、神也が慌てて間に入った。


「まあまあまあまあ!二人とも睨まない睨まない。竹中さん、言うの遅れたんだけど、鈴那の方が霊感が強いんだ。だから、今日来てもらったんだよ」


「ふーーん」


 信じたような信じてないような、曖昧な返事をみどりは返し、疑わしげな目を鈴那に向ける。

 鈴那も視線を返し、二人の間にまたもや不穏な空気が流れた。


「で、竹中さん、用件は何だ?」


「ああ、忘れてた。最近さー、夜寝てると誰かに見られてる気がするのよねー」


「(でしょうね)」


 二人と一匹の感想が一致する。

 三対の目はみどりの背後に注がた。

 見られた幽霊は、誰のことかと明後日の方角に目をやった。


「いや、お前だよ!おーまーえー!」


 白真が耳と尻尾を立てて言う。

 男の幽霊は「俺か!?」と、わざとらしく驚いた。


「なんなんだよ、こいつはー!だいたい!何で神聖なるオイラの神社に幽霊が入れるんだよ!神気に阻まれて、入れないはずなのに!」


 キャンキャンと、神也たちの前で騒ぎ立てる。

 みどりには聞こえないから良いが、聞こえる神也達は耳がキンキンと痛んだ。


「そもそもだ!お前とこの女がどんな関係か知らんが、夜な夜な女の枕元に立つなんて男の風上にも置けねー!切腹だ!切腹!オイラが介錯してやらあ!そこに直れ!」


「いや、もう死んでるから」


 いつもの癖で、神也がつい突っ込みを入れる。

 みどりは首を傾げた。


「何よ急に」


「あっ、ごめん。ええっと……」


「あなたの後ろに居る幽霊に、神社の神様が文句言ってるのよ」


「ええ!幽霊!?神様!?」


 みどりが後ろを気にして、背中に手を回したり、忙しなく背後を見たりする。


 驚くのも無理ない。

 みどりには“彼ら”が見えないのだから。

 神也も、白真を初めて見た時は驚いた。

 そんな白真は、みどりの回りで幽霊を追いかけ回している。

 これでは除霊の話し合いが進まない。

 くるくると駆け回る白真の尻尾を神也は掴み、追いかけっこを強制終了させた。


「とりあえず、君に憑いてる幽霊と話がしたいんだけど、良いかな?」


「はーなーせー!」


「いいけど」


「あなたからも話を聞きたいから、終わるまで帰らないでね」


「はいはい」


 じたばたと暴れる白真を無視して、話が進む。

 幽霊の方は、白真に追いかけられるおそれがなくなり、ホッと胸を撫で下ろすような動作をした。




 みどりを池のそばに残し、神也達は幽霊を連れて、本堂の賽銭箱の前に移動する。

 幽霊から、彼女の側に居る理由を聞くためだ。


『俺の名前は、本城武(ホンジョウ タケシ)。稲荷高校三年、みどりの彼氏です』


 武が自己紹介をする。

 神也達より一つ上の学年で、二人は名前に聞き覚えがあった。


「本城先輩って確か……」


「初日の出を見に行った帰りに事故に遭って亡くなった先輩よ」


1 / 4

著作者の他の作品

#rtした人を自分の世界観でキャラ化するツイッターでやった企画です。

古いお城に住まうのは、魔女によって野獣に変身させられてしまった元魔王と、...