表紙

世界のどこかの英雄譚

悪魔の侵攻を受けた竜の城は、陥落寸前だった。
主を守るために、たった一人の家族を守るために、彼はその力を使った。

著作者の他の作品

帝国の『仕事』を始めた新人たちの一人、アネモネさんの話。

誰かが望んだ運命、使命、そして宿命。誰かが描いた未来、過去、そして現在。...