銀魂 〜雪魄氷姿〜

夢小説書き隊
@Lr6Ra

No.8

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

~新八side~



(新)「おはようございます」



朝、万事屋に出勤してきた僕は、店の前で掃除をしていたお登勢さんに挨拶をする。



(登)「おや、新八かい。おはよう」



(新)「お登勢さん、今日は早いですね」



(登)「アンタらの連中がぐーたらなだけさ。それはそうと、先月の家賃今日までに払ってもらう約束だよ。ロクでなしの主人に伝えておいておくれ」



(新)「あ、はい。すいません…」



(登)「はぁ…アイツもいい加減結婚でもして、もうちょっと責任感というものを持ってもらいたいねェ」



(新)「アハハ、そうですね」



銀さんが結婚か…。絶対あり得ないな。








(新)「おはようございまーす」



万事屋の扉を開けると、いつもならあやのさんの声が必ず返ってくるのだが、今日は聞こえない。



(新)「アレ? 定春、みんなは?」



ソファーで寝ている定春に問いかける。



(定)「あう…」



恐らくまだ寝ている、とでも言っているのだろう。



僕は順番に部屋を開けて起こしていく事にした。



まずは神楽ちゃんを起こす。



(新)「はーい、起きて。朝だよ」



神楽ちゃんの部屋の襖を開けて、そのまま銀さんの部屋へ。



(新)「銀さん、結野アナのお天気注意報始まっちゃ……えっ!?」



銀さんの部屋の襖を開けた瞬間、僕はとんでもない光景を目にした。



(新)「………」



とりあえず、一度襖を閉める。



(神)「ん~? 何やってるアルか? 新八」



神楽ちゃんが起きてきて、こちらにやってくる。



(新)「来るなァァァァァァ!」



(神)「銀ちゃんに何かあったアルか? ……はっ、ストパーか? ストパーあてたアルか!?」



神楽ちゃんが僕を突き飛ばし、襖を開けようとする。



僕はそれを必死に押さえる。



(新)「やめろォォォォォォ! あっちには薄汚れた世界しか広がってねーぞ!」



しかし神楽ちゃんは事もあろう事に襖を開けてしまった。



(あ)「あああああ! 寝坊した! ってみんな、銀さんの部屋の前でなにやって…」



急いで起きてきたパジャマ姿のあやのさんが、銀さんの部屋を覗き込む。



(あ)「………」



そこには銀さんに抱きついて眠る、藤紫色の髪で忍者の服を着ている女性の姿が…。



(銀)「んん…なんだよやかましいな……ん?」



銀さんが目を覚まして横を向くと、なんと銀さんもビックリ。



(銀)「ん? …ん? …ん!? んんんんん!?」



(あ)「……え、」



掠れた声のあやのさん。



表情は固く、引きつっているように見える。



(新)「あ、あの、あやのさん…?」



(神)「あやの! これが現実アル。現実から目を逸らしちゃ駄目アル!」



(あ)「現…実……?」



よく見てみれば、あやのさんは今にも泣き出しそうな表情だ。



(新)「神楽ちゃん! それは逆効果だよ!」





ていうかどうしてあやのさんは泣きそうなんだ?



もしかして…。






~あやのside~



なんとか気を取り戻し、身支度を整えたあたしは、ぱっつぁんの作ってくれた朝ご飯を食べていた。…のだがいつもとは少し光景が違う。



向かいの席にはぱっつぁん、神楽。それからあたしと銀さんはその反対側のソファーに座って食べるのだが、今日はあたし、銀さんの横にもう一人。納豆を練り混ぜている先程銀さんに抱きついていた人…藤紫色の長い髪に忍者の格好をしている女性がいた。



何でかわかんないけど、ぱっつぁんが作ってくれた美味しいハズの朝ご飯が喉を通らない。



(銀)「で、この人誰?」



(新)「アンタが連れ込んだんでしょーが!」



ぱっつぁんが腕を組みながら言う。



(銀)「昨日は……ああ、ダメだ。飲みに行った所までしか覚えてねーや」



(新)「忍者のコスプレまでしてとぼけないでくださいよ。くノ一か、くノ一プレイか!」



(銀)「いい加減にしろよ! んな事するワケねーだろ! 俺はどっちかっていうとナースの方がいい!」



あたしはなんとなく苛ついて、机をバンッと叩く。



(銀)「…スイマセン」



(神)「新八、男は若いうちに遊んでた方がいいアル。じゃないといい歳こいてから若い女に騙されたり変な遊びにハマっちゃう、ってマミーが言ってたヨ」



(銀)「お前のマミーも苦労したんだな…」



そして銀さんは隣の女性の方に向く。



(銀)「あの…俺何も覚えてないんっスけど。何か変なことしましたか?」



(?)「いいえ? 何も」



(銀)「そうかそうか、よかった。俺はてっきり酒の勢いで何か間違いを起こしたのかと…」



すると、その女性が銀さんの方に詰め寄る。



(?)「夫婦の間に間違いなんてないわ。どんなマニアックな要望にも私は答えるわ」



夫婦…?



(銀)「はい?」



(?)「さあアナタ、納豆がこんなにネバネバに練れましたよ。はい、あーん♡」



その人は銀さんの目にお箸を突き刺す。



(銀)「イタタタタ! そこ口じゃないから! そこ口じゃないよ! 目は口程にものを言うって言うけど口じゃないから! てか何? 夫婦って…」



(?)「責任とってくれるんでしょ? あんな事したんだから…」



あんな事?



(あ)「(まさか…ね?)」



その時、胸がチクリと痛んだ。



(銀)「あんな事ってなんだよ! 何もしてねーよ、俺は!」



(?)「何言ってるの。この納豆のように絡みあった仲じゃない。…あいた、痛い」



その人は自分でお箸を目に突き刺す。



(銀)「だからそこ口じゃねェって言ってんだろ!」



(新)「銀さん、やっちゃったもんは仕方がないよ。認知しよう」



(神)「結婚は惚れるより慣れアルヨ」



(銀)「お前らまで何言ってんの!? みんなの銀さんが納豆女に取られちゃうよ!?」



その会話を聞いてさらに胸が痛む。



(あ)「っ……」



(銀)「冗談じゃねーよ! この俺が何も覚えてない事をいいことに騙そうとしてるんだろ! な? 大体僕らお互いの名前も知らないのにさ、結婚だなんて…」



(?)「とぼけたくせして…。身体は知ってるくせにさぁ」



その人は頬を赤らめて定春に向かって言う。



(銀)「嫌な事言うんじゃねーよ! それからそれ銀さんじゃねーぞ!」



すると定春がその女の人の頭を飲み込んだ。



(新)「目が悪いならメガネかけなよ! 落ちてましたよ、コレ!」



ぱっつぁんがその人のであろう眼鏡を手にして言った。



するとその人は床に正座をして、ぱっつぁんの方に向かって頭を下げる。



(さ)「というわけで、さっちゃんと申します。どうぞ末永く幸せにしてくださいね、旦那様」



(新)「ああどうも。こちらこそよろしく」



(神)「夕飯は肉より魚でお願いネ」



(銀)「受け入れるの早っ! てか銀さんこっちだってば!」



(さ)「(ふっ…追手をかわすため、しばらくここに身を潜めさせてもらうわ)」



すると神楽があたしのお茶碗を見て言う。



(神)「あやの、全然ご飯食べてないネ」



(あ)「え? あぁ、なんとなく食欲ないんだ…」



(新)「カゼですか?」



(あ)「え、ええっと…」



…ここでみんなに心配かけちゃいけない!



(あ)「全然! あたしはバリバリ元気だよ!」



私は二人にニッと笑って見せる。



(神&新)「「………」」



(さ)「(あの女、少々邪魔かしら…)」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あれからしばらくして、さっちゃんは掃除機をかけはじめる。



(新)「本当にここに居座る気みたいですね。どうします? 銀さん」



(神)「本気になった女は、こってり油とんこつラーメンよりしぶといアル」



(銀)「参ったな…。こういう時は糖分で気を落ち着かせるしかねーな」



銀さんが冷蔵庫に甘いものを取りに行く。



(さ)「(簡単に言う事聞いちゃうんだから…。男ってバカな生き物ね。あとは従順でカワイイ若妻を演じて、あのあやのとかいう女に見せつけてやれば…)」



(銀)「あああああああ!!」



銀さんのすざまじい声が響く。



(あ)「どうしたの?」



(銀)「オイ、冷蔵庫に入れてあった俺のプリン知らねーか!?」



銀さんがあたし達に問いかける。



あたし達三人は揃えて首を振った。



すると今度はさっちゃんの方へ行き、同じ事を聞く。



(銀)「あの…冷蔵庫にあった俺のプリン……」



(さ)「あぁもう、折角隠してたのに…。しょうがないな、この食いしん坊さん」



(銀)「あ?」



(さ)「今日は何の日でしょう?」



(銀)「え? 何ですか? 生ごみの日? 賞味期限切れてたっけ?」



(さ)「もう、忘れたの? さっちゃん達が付き合った記念日だよぉ」



その時、また胸に痛みが走る。さっきから何なんだ?あたし、病気なのかな…。



(あ)「っ………」



(神)「(あやの…)」



(銀)「さっき会ったばっかなんですけど…。ていうか最初とキャラ変わってません?」



(さ)「じゃーん、記念の納豆プリンでーす♡」



さっちゃんさんはその名の通り、お皿に入った納豆プリンを取り出す。



(神&新)「「うわぁ……」」



(銀)「何の罰ゲームですか? コレは…」



(さ)「うふ、今日は特別に二人の好きなものを一緒にしてみました。はい、あーんして♡」



さっちゃんがスプーンで掬うと、銀さんが「ふざんけんな!」と納豆プリンのお皿をひっくり返す。



その拍子にさっちゃんも一緒に倒れ、納豆プリンがかかり全身ネバネバに…。



(銀)「オイ、押しかけ女房の次はさっそく俺のカワイイプリンに嫌がらせか? オメーは。この家のパワーバランスはまず俺、その次に甘味だ! 覚えとけ!」



(新)「おい、甘味がナンバー2かよ!?」



するとさっちゃんさんは俯く。



(あ)「ぎ、銀さん…今のはやりすぎじゃ……」



(さ)「(くっ…こっちが下手に出てるからって…。耐えるのよ…耐えるのよ、さっちゃん!)」



(あ)「あの…大丈夫?」



あたしがさっちゃんに手を差しのべると、パシッとその手を振り払われてしまった。



…アレ? 私嫌われてる?



(あ)「………」



どうしたらいいのか分からず、その場に立ち尽くす私。



するとさっちゃん落ちた納豆プリンをかき集め、自分で立ち上がる。



(銀)「てめー、あやのに何して…」



(あ)「あ、あたしは大丈夫! 気にしてないから!」



(さ)「そんなに照れなくてもいいのよ。はい、お食べ♡」



(銀)「こんなもん食えるかァァァァァァ!」



銀さんは納豆プリンをさっちゃんの顔に押し返す。



(神)「大丈夫ヨ、これ案外イケるアル」



神楽が落ちた納豆プリンを食べながら言った。



(新)「お前が食うな!」



座り込んでしまうさっちゃんに銀さんは言う。



(銀)「大体あやのの親切も振り払いやがって…。てめーで気にくわねーのに勝手に納豆とプリンをコラボレーションさせんな、バカヤロー! プロデューサー気取りかよ!? カーディガン肩からかけるぞ!」



その後も銀さんはつらつらと語り続ける。あたしの事はいいんだけどな…。しかし、食べ物の恨みって怖いです…はい。



(さ)「(くっ…屈辱だわ。かつては幕府のお庭番、エリートのこの私がなんでこんな蔑みの言葉を…。しかもさっきからあやのあやのって何!?)」



(銀)「おい、ここの掟が守れねーなら出てけ! このクズ女!」



(さ)「(はっ…、でも何? この感覚…//)」



(銀)「フンッ! なんか甘いもん買ってくる」



銀さんは外へ出て行ってしまった。



(さ)「あ、待って!」



その後をさも当たり前のように追いかけて行ったさっちゃん。



(あ)「っ……」



堪えていた涙が溢れそうになる。



さっちゃんに手を振り払われた事じゃなくて…。でもなんで涙なんか…。



とりあえず、あたしはそれをぐっと我慢した。



(新)「あやのさん…」



(あ)「(痛い…胸が苦しい……)」



どうして? 銀さんとさっちゃんさんを見ていると胸がズキズキ痛む。


初めての感覚だった。



(神)「あやの、無理しな…」



(あ)「あ、そうだ! せっかくだから手作りプリンでも作ってみようかな! 前バイトしてた店で教わったプリン、すっごい美味しいんだよね〜」



(神)「あやの…」



(あ)「確か材料は揃ってたハズだから…」



あたしは涙が溢れる前に、そのまま台所に向かった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


夕方。銀さん達も帰ってきて、作ったプリンはサプライズで喜ばせようと思い、銀さんにバレないように冷蔵庫の奥の方に隠してあった。



神楽は定春の散歩に出かけている。



(新)「もう、銀さんがしっかりしないから本当にあの人ここに居座る気ですよ。いい加減ピシっと男らしいとこ見せた方がいいんじゃないですか?」



さっちゃんは優雅にお茶をすすっていた。



(銀)「いやぁ、俺も頑張ってんだけどよォ…」



銀さんがあたしの頭の上に手を置く。



(あ)「銀さん?」



(銀)「やっぱあやのがいると和むわ」



(あ)「っ!?」



銀さんがそのままあたしの頭を撫でる。


予想外のことであたしの顔はボフッと効果音がつきそうな勢いで赤くなった。



(銀)「…ん?どした?何か顔赤いぞ?」



(あ)「な、何でもないから!///」



(新)『…あやのさん…やっぱり…』



(さ)『フン、あの男はもうちょっとで私の虜。後はあのあやのって子を排除するだけ…。男ってバカな生き物ね。でも…時々訪れるこの胸の高鳴りは何?//』



(神)「ただいまヨ~」



と、神楽が帰ってきた。



(あ)「あ、じゃあ神楽も帰ってきたし…」



そろそろプリンを出そうかと思い、あたしは台所へ向かう。



用意している間に、なぜかみんながバタバタしている物音がした。



さっちゃんの分も含めた全員分をお盆に乗せて、リビングへ向かう。



(あ)「みんな、プリンがって…ええ!? 銀さん!?」



なんと、銀さんが袴姿で玄関へ向かっていくのだ。



(あ)「え、ちょっと!? 何があったの?」



(新)「あの女の人、イキナリお茶を噴き出して玄関の方まで走って行って…」



(神)「まさか…まさかアルヨ! これは……銀ちゃんが孕ませたアル」



(あ)「えっ…」



それを聞いたあたしは一瞬理解不能になる。



玄関では銀さんとさっちゃんが話をしていた。



孕むって…子供ができたって事だよね? つまり…そーいう事もしたって事…?



(あ)「(なんで、こんな胸が痛いの…?)」



別に銀さんの事なんてあたしは関係ないハズなのに…。



(銀)「オイ、腹くくったよ…。俺も男だ。記憶にねェとは言えあんな事こんな事しておいて知らんぷりもできねェ。こんな俺でよかったら…もらってください!」



(あ)「………!」



それを聞いたあたしは胸がしめつけられるのを感じた。持っていたお盆を落とし、カッシャーンとお皿が割れて、プリンと共に散らばる。



(新)「マ、マジスか銀さん!?」



(さ)「…そう、じゃあ一緒に来て」



(銀)「式場ですか? 俺あんまり金ないんですけど…ってあやの、その皿…わわわ!」



銀さんに手を伸ばすも空を切って届かない。このままじゃ銀さんが遠くに行ってしまう…。



(あ)「ぎ……」



けれど銀さんはそのままさっちゃんに引っ張られ出て行ってしまった。



(あ&神&新)「「「…………」」」



(あ)「あ…はは……。片付けなきゃ…」



あたしは散らばった皿の破片を集め、落ちたプリンの残骸をふき取る。皿の破片が指に刺さるが、痛みなど感じなかった。



(新)「あやのさん…」



(神)「あやの…」



手早く片付け、皿の破片は袋に集める。



(あ)「あたし…体調悪いから部屋に戻ってるね……。ご飯はいらないや…」



ぱっつぁんと神楽に告げ、そのまま部屋に戻った。



そして部屋の襖を閉めた瞬間、堪えていた涙が一気に溢れ出した。



(あ)「うっ…ひっく……」



…ねぇ、わかんないよ。


何でこんなに胸が痛いの?


何でこんなに苦しいの?


……行っちゃやだ。



(あ)「…ぎ、ん…さん…」



名前を呼べば呼ぶほど、あたしの胸は締め付けられるのだった。




~神楽side~



朝から薄々気づいてはいたけど…あやのはきっと銀ちゃんの事が好きネ。それは新八も気づいてる。でもあの様子だと本人は気付いてるかどうか…。



(あ)「ふぇ…ぐすっ……」



部屋の奥からあやのの泣き声が聞こえる。



(神)「新八、あやのは銀ちゃんの事が好き…」



(新)「…多分言わない方が良いよ。今言っちゃったら余計……苦しくなるよ。きっと………」



(神)「どうして…どうして銀ちゃんは行っちゃったアルか!? 銀ちゃんだって絶対あやのの事好きなはずネ!」



(新)「それはそうだと思うけど…」



(神)「………」







……銀ちゃんのバカ。






ーーーーーーーーーーーーーーー

~銀時side~



あれからドタバタで、結局夜が明けてしまった。



(銀)「はぁ…ったく、おかげで朝帰りになっちまったじゃねーか……」



まあ何も間違いを起こしてなくてよかったけどな…。ホント、どうやってあやのの事を諦めようかずっと迷ってたのにこの始末かよ…。



そんな事を思っているうちに万事屋に到着し、玄関の扉を開ける。



(銀)「みんなの銀さんが帰ったぞー」



玄関に入ると、ソファーに座って俯いていた神楽と新八が駆け寄ってきた。



(神)「銀ちゃん! やっぱり孕ませて…」



(銀)「あー違う違う。実はな…」



俺は今まであった事を二人に話す。すると二人はほっとした表情になり、胸を撫で下ろす。



(神)「ほっ…よかったアル」



(新)「ホントホント。一時はどうなる事かと…」



(銀)「何々? そんなに銀さんが結婚しちゃうのが寂しかったの?」



(新)「いや、僕達じゃなくて…」



(神)「あやのが…」



(銀)「あやの…?」



そういやさっきから姿が見えない。



(新)「あやのさん、銀さんが出て行ってからずっと部屋にこもってて…ロクにご飯も食べずに…」



(神)「一晩ずっと泣いてたネ」



(銀)「泣いてた…?」



またそんな…そこまで……。



(銀)「あやの…」 



俺は急いであやのの部屋に行き、ノックした。



(銀)「入るぞ」



襖を開けると、ビックリした表情で、目を腫らしているあやのがいた。



(あ)「ぎ、銀さん…あの…えっと…結婚、おめでとうございます……」



あやのが俯いたまま、拳を握りしめてそう言う。



(銀)「はぁ…そんな顔で祝われても嬉しくねーし、それに俺は結婚なんてしねーぞ?」



(あ)「へっ…?」



すっとんきょんな声をあげるあやの。



俺は今まであった事をあやのに告げる。



(銀)「…というワケだ。だから銀さんはいなくなったりしないぞ」



(あ)「ホント…ホントに? ……うっ…ふぇぇっ…」



きっとさっきまで散々泣いていただろうに、またあやのの瞳から大粒の涙が溢れ出した。



俺はそんなあやのをそっと抱きしめる。



(銀)「ったく…そんなに泣く事じゃねーだろうよ」



(あ)「わかんない…ぐすっ…けど…銀さんが手の届かない所に行っちゃいそうで…恐くて……ぐすっ」



あやのが泣きながらそう言う。



(銀)「(もしかしてコレ…)」



ちょっと期待してもいいのか? あやのが俺に気があるって…。いや、自意識過剰かもしれねェ…。



ふとあやのの手を見ると、両手傷だらけであった。



(銀)「オイ、コレどうしたんだよ!?」



少し落ちついてからあやのが答える。



(あ)「…銀さんが『結婚する』なんて言うから、折角作ったプリン落としちゃったじゃない……」



じゃああの時の皿の割れた音はそういう事で、片付けの時に皿の破片が刺さったってワケか…。



俺はあやのの指を一本、口に咥える。



(あ)「なっ…///」



プリンの味が口の中に広がる。



(銀)「……うん、普通に甘いな」



たちまちあやのの顔が赤くなった。あぁ、もうホントクッソ可愛いな!



(銀)「なァあやの、プリンもう一回作ってくれよ」



するとあやのはちょっとふてくされた顔をした後、フワッと笑って「仕方ないなぁ…いいよ?」と答えた。



やっぱあやのに泣き顔は似合わねェ。



(銀)「(俺がコイツの笑顔を護ってやるんだ…)」



この時、俺はそう心に決めた。





~あやのside~



朝になっても銀さんは帰ってこない。もうこのまま帰ってこないのだろうか。


じわり、とまた滲んでくる涙。


…あたし、今までこんなに泣いたことあったっけ。


多分あたし、砂漠でも生きていけるなぁ、水分の蓄えが多いみたいだし…




…なーんてことをぼんやりかんがえていると、突然ノック音がした。



(銀)「入るぞ」



この声…銀さん!?



あたしはあっけにとられたような顔で襖を開けた銀さんを見たが、やがて俯いた。



上手く…上手く言わなきゃ…。



(あ)「ぎ、銀さん…あの…えっと…結婚、おめでとう……」



どうだろう…やっぱり笑っては言えなかった。



(銀)「はぁ…そんな顔で祝われても嬉しくねーし、それに俺は結婚なんてしねーぞ?」



それを聞いた瞬間、あたしの心の中のモヤっとしたものと胸の痛みがパッと晴れていく気がした。



(あ)「へっ…?」



銀さんの話によると、さっちゃんこと猿飛あやめさんは悪党を裁く始末屋だったらしい。



あやめさんが現れる前の晩、仕事で忍びこんだ屋敷で作戦が失敗し、仲間二人が捕らわれたまま逃げてきたという。



しかし家の屋根を渡って逃げていると、ちょうどこの万事屋の銀さんの部屋の天井が抜けてしまい、そこからあの昨日の朝の状況ができたという。



あやめさんは仲間を助けて、悪党を倒すために誰かに協力してほしかった。だから銀さんを利用しただけで、後は何もなかったのだという。



だからあの時玄関に駆けて行ったのは、その悪党から電話があったから、だそうだ。



(銀)「…というわけだ。だから銀さんはいなくなったりしないぞ」



(あ)「ホント…ホントに? ……うっ…ふぇぇっ…」



安心したからかな…。何度目かになる涙がまたボロボロと溢れ出した。銀さんはそんな私を優しく抱きしめてくれる。



(銀)「ったく…そんなに泣く事じゃねーだろうよ」



そうかもしれない。でもなんと言うか…よく分からない感情があたしの中で渦巻く。



(あ)「分かんない…ぐすっ…けど…銀さんが手の届かない所に行っちゃいそうで…恐くて……ぐすっ」



すると銀さんがあたしの両手に視線を落とす。



(銀)「オイ、コレどうしたんだよ!?」



銀さんに尋ねられて、少し落ち着いてから話しだす。



(あ)「…銀さんが『結婚する』なんて言うから、せっかく作ったプリン落としちゃったじゃない…」



ちょっと嫌味っぽく言ってみた。



すると突然、銀さんは私の指を一本咥える。



(あ)「なっ…///」



(銀)「……うん、普通に甘いな」



一瞬何が起こったかわからなくなった。あたしの鼓動が速くなり、たちまち顔が真っ赤になる。



(銀)「なァあやの、プリンもう一回作ってくれよ」



ちょっとふてくされた顔をしていたあたしだったが、銀さんのその優しい笑みには敵わない。私はにっこり笑って「仕方ないなぁ…いいよ?」と答えた。






~神楽side~



銀ちゃんとあやのが抱きしめ合ってるのを物陰からこっそり覗く。



それから新八と顔を見合わせて頷く。







面白いからこのまま何も言わずに次の展開を待とう、と。