銀魂 〜雪魄氷姿〜

夢小説書き隊
@Lr6Ra

設定

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

あやの 18歳

身長158cm 体重45kg


ヒロイン。

「氷雨」というかつて最強と言われていた天人と人間のハーフ。

美少女で、明るく素直。

見た目に似合わず強気な口調だが、仲間思いで非常に優しい。

結構大雑把。

ボケとツッコミを器用にこなすオールラウンダー(自称)。

普段は着物姿だが、戦う時などは着物を脱ぎ忍者のような格好になる。

かなりの大食い(神楽と同じく戦闘時のエネルギー消費量が非常に多いため)。

黒髪を編み込み&ポニテにしていて、黒い瞳をしている。

チャームポイントは笑顔。



● 氷雨(ひさめ)

かつて最強と言われた天人の一族。

輝くような美しい銀髪と、水のように美しい瞳が特徴。

普段は普通の人間と変わらない容姿だが、覚醒状態になると上記のような容姿になり、戦闘能力が飛躍的に上昇する。

基本的に急所はなく、心臓や頭部を刺されても自力で回復してしまうため最強と呼ばれた。

そんな彼らが死ぬのは、力の使いすぎによるもの。この場合、灰と化して死ぬ。

10年前に、とある海賊と戦って滅んだのはこのためである。

あやのは父から氷雨としての力を受け継いだが、母からは人間の寿命を受け継いだため灰と化して死ぬことは無い。

しかし治癒力がかなりあるため、急所を攻撃されても回復してしまう場合が多い(その代わり回復にかなりの体力を消費するため、睡眠時間が異常に多い)。

つまり夜兎と最強を争う人物。




【オリジナルキャラクター】


● 佐野伊吹 19歳

身長176cm 体重64kg


真選組四番隊隊長。

美形で非常に頭が良く、クールな青年。

金髪ポニテ、黒い瞳が特徴。

真面目で誠実。まさに警察の鏡である。

滅多に感情を表に出さないが、あやのと出会い少しずつ変わっていく。

冷たい印象を与えるが、心優しく仲間を信じれる青年である。

非常に剣筋が良く、真選組の中でもトップクラスの戦闘能力をもつ。

実は陰陽師の血を引く者だが、剣技の方が圧倒的に優れていたため、幼い頃に近藤たちのいる道場に預けられた (両親はこれに反対していた様だが、祖父母が伊吹を家に置いておくことを許さなかったという。預けられて以降、家族とは音信不通)。






わかりやすいよう、あなたのセリフは

あ「」

とします。

『』は心の中で思っていることです。


※後々追加の可能性あり。