ユウくんの恋人

たっくん
@dha_i2

4-返事

一週間後、俺はあらしに呼び出された。この一週間あらしにとことん避けられ俺のHPは底を尽きていた。


「また屋上か...」


ぎぃぃーと扉を開ける。もしダメだったら監きn...ゴホッゴホッ。


「ゆ、ユウくん。久しぶり」

「おう」


会話が続かない。そのぎこちない笑顔やめろ。


「んで、返事は?」

「あ、あのね、ユウくん。僕...」


心臓の音がうるさい。


「ユウくんがよければお付き合いよろしくお願いします!」

「...え」


えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!


「OKてこと?OKてこと!?」

「う、うん!」

「そっかー...よかったぁ」


全身の力が抜けていった。


「ご、ごめんね!告白された日からユウくんの事意識しちゃって中々顔見れなくて」

「いいよいいよっ!んじゃ改めてよろしくな!」

「うん!」


中学の時から想いを積み重ねて重ねたこの恋。ようやく実りました!




《人物紹介》

神崎 嵐(かんざき あらし)

低身長で内気で人見知り。友達がおらず、中学の時は虐められていた。人間が怖いと感じていたがユウくんにだけは打ち解けている。


如月 優(きさらぎ ゆう)

イケメンで紳士で成績優秀。何をあげても完璧な男。

ただあらしにベタ惚れであらしのことになると周りが見えなくなる。ストーカー気質。



→展開早くてごめんね!←