空から降ってきた腐れ男子

ときどき
@toki__husimi

トリップ

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

1、俺は世界にさよならした(強制)


貴「あ゛ー。ねみぃー……。」



昨晩の仕事のせいで寝不足な俺はおぼつかない足取りになりながらフラフラと学校へ向かっていた。


それが悪かったんだ…。



「危ない!!」




そんな声がした時すでに


俺の体は宙に舞っていた。


赤い、血飛沫とともに。



貴「っ…………………」



………突然身体に訪れた鋭い衝撃に息が詰まる。


声をあげようと口を開くがそこからは出てくるのは血、のみ。


内臓いったな……



これは多分内臓だけじゃなく骨まで……。



おそらく学校で俺が来るのを待っているであろう親友の顔が浮かぶ。


あいつってやけにあのキャラに似てたよな……。



なんて呑気なことを考えながら俺の意識は深い闇に沈んだ。




さよなら世界


1 / 5