複雑運命と白龍の枷【暁のヨナBL】

甘党✿ディルムッドに萌え絶える
@saniwapiitigumi

王の子との出会い


キジャが居なくなってから10年もたった。






どの場所に行ってもいない…







緋龍城に居るのかもしれない…







『お父様、ちょっとお外へ行ってきます。』

『ん?いいですよ、行ってらっしゃい。』








『金平糖を家族分買いましたし、帰りましょうかな…』

『まてー!俺達のご飯は貴重なものなんだよ!』

『…盗人ですか。』


『へっ、売ったら金になるぜーぐはははは』

『待ちなさい。』

『あ?なんだ、子供じゃねーかよwお前なんかが叶うわk((バギィっ


ドサッ



『…あ…』

『どうぞ、お兄さん。』

『ありがとう。』

『ユン、取り返せた?』

『ユン君大丈夫?』

『あー、この子が助けてくれたんだ。』

『はじめまして、キウォと申します。』

『俺はユン、こっちがお嫁さんのヨナで子供のユナ。』

『俺はゼノ!こっちが旦那のシンアと子供のシノ!』

『僕はジェハ、ハクは旦那さんで子供はハジェ。』


『のほほん馬鹿自由人、見つけたぞ。』

『あ、見つかってしまいましたか~』

『帰るぞ、母さんと父さんが待ってる。』

『あ、この子が私の兄、キジェです。』

『人な話は聞こうな。』

『………キジェ君だっけ?君、足は緑?』

『…そうですけど。』

『キジェ、早く帰りましょう!』

『…じゃ。』


ターンッ







『…間違いなく、次の緑龍だ…』