表紙

婚活してたらニートに出会いました。

ゆめみる 💥
@Ymmr_22

「それでは、気になった方の番号を書き込んでください」

やば、だれも興味でなかったんですけど! はわわわ、取りあえず適当に書いちゃえ!

* * *

「なんか、パッとしなかったねー」
「どうせ誰も僕たち選ばないでしょ」
「んじゃあ、適当に書いとくか」
「幻の100番目……ひひ」
「ふ、二番だな」
「××番!!」

この時は、こんな偶然があるとは思いもしなかった。

目次
著作者の他の作品

自分の生を感じられなくなっていた、不登校の少年。そんな少年に生を感じさせ...

「月が綺麗ですね」その夜、ぼくは君に告白をした。在り来りで、だけど特別な...