Dream World

虹花△⃒⃘元Riris,SAR
@sar_sakura1203

見知らぬ少女

窓から差し込む朝日で目が覚めた。

時間はちょうど6時。今から準備すれば、6時半には宿を出ることができる。

急いでいつも通り装備を身につけ、荷物をまとめる。残金的に急いで宿を出なければ借金を負うことになってしまう。


「マスター、会計」

「お、おはようシオト。朝飯いらねぇのか?」

「は、朝飯食う金なんて残ってねぇよ…」

「…パン1つ奢りでやるよ。チェックアウト6時28分、チェックイン0時30分…、100ペナートに負けといてやる」

「マスター優しい最高!!じゃあお言葉に甘えて♪」

「はい毎度、またのご利用待ってるよ」


馴染みの宿屋のマスターのお陰で残金は305ペナート。

簡単なクエストでもこなして早いとこ稼がねぇとやべぇなと思いながら、いつものように森の中に入る。

森の奥のモンスターが出ない安全な野原で朝飯を食って剣の素振りをして、今日も気合いを入れようと思いながら、森の中を鍛錬も兼ねて一気に駆け抜けた。




1 / 3