Convalescent -恢復期-(下)

天空風牙@2062年未来人=永山崇
@tenkufuga

後書き

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

 一つに交わる事無く、永遠に平行線を辿り続ける関係。


 それこそが、考えられる限りに於いて最も堅固な人と人との関係性であり、それをこそ描きたくて、私はこの二人の物語を書き始めました。


 交差する二直線は、一度交点を迎えた後は永遠に離れて行くだけですが、平行な二直線は、永遠に近付く事が無い代わりに永遠に離れて行く事もありません。


 それははしなくも石原吉郎が肉親へ宛てた手紙の中で語った、「『実存的な意味での彼我の絶対的断絶と孤独』を確認し合う事による逆説的連帯」をも表しており、自ら自身によって自らの価値を支え始めた彼らの次の課題は、恐らくそれになるのでしょう(翔空は既にこの事を本能的に理解している為、苦しむのはやはり昇になるのかも知れません)。



 私のTwitterを御覧になっている方は既によくご存知の事でしょうが、この二人の思考形態による平行線は、MBTI性格分類による所のINTPとINTJの間にある思考スレッドの断絶で説明出来ます。

 問題意識の寄せる先と、目指すべき理想は全く同じなのですが、行程に対するアプローチの仕方が相互では全く異なります。

 そしてそれはどちらが正しいというのでもなく、端緒と目指す先が同じである以上、二つのタイプは互いの欠点を補い合う役割分担で最高の結果を出す事が出来るのは、改めてここで明示する間でも無いでしょう。詳しくは、MBTIについての専門サイト等を御覧下さい。



 最初から、「最後の1シーンまで書き通し完結させる」事を目標にして書き始めましたが、中学生の頃から自分の傍に在り続けたキャラクターを、こうして実際一つの物語にして完結させられた事は、本当に感動に耐えません。

 小説投稿サイトで連載する事によって、「読者」が付くという事がどれ程励みになるか、その有難味を、今本当に噛み締めています。


 皆様、ここまで御愛読頂き、本当にありがとうございました。




 本編は完結しましたが、本編クライマックス以降のエロ不足を補う為、あと一つ二つは番外編でも書く予定です。

 こちらは難しい内容一切無しの完全18禁ストーリーとする予定ですので、投稿しました暁には肩肘張らずにお楽しみ下さい。




 末尾になりましたが、当作品は楽曲のタイトルを章タイトルとする事を始めと致しまして、様々な他作品から引用を行っております。

 それらの作品も併せてお読み頂ければ、当作品への理解がより一層深まるかも知れません。

 長年私の中で醸成されて来た、愛着も深い世界の物語ですので、本編で描き切れなかった裏設定も沢山ございます。

 何か知りたい点・御不明な点などございましたら、遠慮無く感想機能にてお知らせ下さい。お答えさせて頂いた上で、必要ならばその点を補完する番外編を書かせて頂く事になるかも知れません。



 最後にもう一度、読んで下さいました皆様に対しまして、心よりの御礼をさせて頂きました上で、筆を置きたいと思います。



 ここまでご愛読頂きまして、本当にありがとうございました。




2017.9.14

天空 風牙
















P.S. スマホやらパソコンで打ち込んでるのに「筆を置く」ってどう考えてもおかしいよな(←作者もINTP)。