Convalescent -恢復期-(下)

天空風牙@フォローリクエスト受付停止中
@tenkufuga

終章 ビッグフィッシュ

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

終章 ビッグフィッシュ




*************



諸の顕教の中には、四大等を以て非情と為す。

密教には、則ち此れを説いて如来の三摩耶身と為す。

心色、異なると雖も、その性即ち同なり。

色即ち心、心即ち色、無障無碍なり。

智即ち境、境即ち智、無碍自在なり。

能・所の二生有りと雖も、都て能・所を絶せり、法爾の道理に何の造作か有らん。

能・所等の名は、皆是れ蜜号なり。

常途浅略の義を執して、種々の戯論を作すべからず。

是の如くの六大法界体性所成の身は、無障無碍にして、互相に渉入相応し、常住不変にして同じく実際に住せり。

故に頌に、六大無碍にして常に瑜伽なり、と曰う。

(『即身成仏義』より 空海)





注解 この定理はまた、第一部定理五から証明される。すなわち、それによれば同じ本性をもつ二つの実体は存在しない。だが多くの人間が存在しうる。それゆえ、人間の形相を構成するものは、実体的な存在ではない。とくにこの定理は、実体の他の特質から、すなわち実体が、その本性の上から見て、無限、不変、不可分などであることからも明らかである。このことはだれにでも容易に理解しうることであろう。

系 この帰結として、人間の本質は、神の属性のある様態的変様から構成されることになる。

証明 なぜなら、実体的存在は〔前定理により〕人間の本質には属さないからである。それゆえ、〔第一部定理一五により〕人間は神のうちに存在し、神なしには存在することも考えられることもできないものである。いいかえれば、〔第一部定理二五により〕人間は、神の本性を一定の仕方で表現する変様あるいは様態である。

(『エチカ』より バールーフ・デ・スピノザ)




*************














1 / 3