低燃費系男子の片想い

司紗♔強く生きたいですね
@sakuma13tsukasa

低燃費系男子の片恋

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

―――国見SIDE―――


真冬なのに体操着だけの姿を見た時、心臓が止まるかと思った。


バレーで鍛えてても今日は特別寒いのに、風邪でも引いたら……


この真冬に上下ジャージを忘れるとか先輩らしいんですが。


まあオレのジャージ貸したので結果オーライ、みたいな。


―――司紗さんもやっぱり女子だって実感させられた。


彼ジャージっぽくてやばい……


着てて下さい、なんて司紗先輩の前では恰好付けたけど…


本当は司紗さんにオレのジャージ着て欲しかっただけ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「司紗ちゃん、やけにジャージ大きくない?」


『……今から言う事落ち着いて聞いてくださいね、これ、国見のジャージです。』


ジャージ忘れて球技大会の時に借りました、と弁解する前に


及川の叫び声が体育館に響いた――――


『でも、返さなきゃなんで部活に支障ありません!』


”そうじゃない”


その場に居た及川と花巻、松川は心の中で叫んだ。


「――――そのまま使ってて大丈夫です。」


『え、返す返す!国見は選手でしょ、風邪引いたら大変!』


その場で上ジャージを脱いで即座に畳んで国見に返した、