虹と希望【all】

はじまり、はじまり

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

いつからだろう。



好きよりも


怖いという感情が多くなったのは




帰宅した時、明かりがついていると


ため息をつくようになったのは





和也「おかえり」



「遅くなってごめん

春子さんに付き合ってて」



怒らせなければいい




顔色ばかり伺うようになったのは




和也「…ご飯買っといたから」



「うそ、ありがとう」



ビールで他ぷたぷなお腹に

無理やりご飯を押し込める






こんな日々を

過ごしたかったわけじゃなかった




いつも笑いあって


どんな小さなことでも

喜びを2倍にして悲しみはわって



そんな温かい恋人でいたかった




和也「…あとで着歴みせて」



夢見ていたあの日にはもうもどれない。