生意気な年下にうっかり惚れられまして。

柚木ちとせ
@chitose_yugi

#4

和やかな雰囲気の中、それぞれのメンバーが時計回りに挨拶を進める。


同じ営業の後輩も人懐っこく、他のメンバーも自己紹介に笑顔で頷くのを見て安心した。


デザイナーは唯一の女性だったが、少しエキセントリックな雰囲気を持ちながらも、受け答えは好感が持てるものだった。

どのメンバーもこれから一緒にやっていくことに前向きで、やりやすそうなメンバーで良かったと胸をなでおろす。


そしていよいよ椋太を強く見つめていた男の出番となった。


「澤村、朔です。プログラマです。よろしくお願いします」


澤村は、笑顔も浮かべず無表情のまま簡易的な挨拶をすると、そのまま座ろうとする。


「おいおい、澤村、もう少しないのか?」


事業部長の苦笑交じりのツッコミに、仕方なくと言った形でもう一度澤村は席を立つ。


「自分ができるベストは、尽くします」


低く響く声で表情を変えずにそれだけを言うと、用件は終わったとばかりに席についた。


(……もっとないのかよ、うまいこと言えとは言わないが)


人とのコミュニケーションを大事にしている椋太の中で、今回の挨拶は相当に印象が悪く、自然と眉間に皺が寄っていることに気づく。

とはいえ、まだきちんとコミュニケーションをしたわけでもない中で彼の印象を早計に決めつけるのも良くないと自分を律し、笑顔でよろしくと矛を収めることにする。


他のエンジニアは柔らかな表情の優しそうな男と、ユニークなコメントを挟むひょうきんそうな男で、問題なくシステム対応もできそうだと安堵する。


その後、今後の進め方について事業部長から話があったのち、顔合わせは終了した。


「さて。とりあえず本格的な仕事には明日から入ってもらうが、その前にせっかくだから交流も兼ねてこのあとランチでもどうだ?全員おごるぞ」

「え、マジっすか?!」

「ゴチになりまーーーっす!」

「やった~!」


事業部長からの嬉しい提案に、それぞれ感嘆の声をあげる。


人付き合いが悪そうに見えた澤村も、無言で頷くという形ではあったがランチに参加する意思を示し、椋太は意外そうに片眉を上げた。


ランチは、オフィスビルからほど近い、複合施設内の中華料理屋へ行くことになった。