【文スト】むかしむかしの

香梅@固定ツイお願いします
@koume_Ryo

彼女

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「へえ。それで?自慢しに来たの??笑」


「違ぇわ!.......だから、一応報告だよ!」


別に中也の彼女をわざわざ取ろうなんて思わないのだけれど...めんどくさいし。まあ聞いてあげるのも偶には善いかなんて思った。


「却説...君、名前は?」


今まで、私と中也のやり取りを驚き乍見ていた彼女に急に話しかけたものだから更に驚いていた。


「あ、私は...のあと申します。中原先輩の直属の部下です」


名前を聞いたとき、なんてぴったりな名前だろうと思った。心の底から、そう思った。


「.....中也の直属の部下ににこんな可愛い子居たっけ?」


「居たんだよ。...手前に紹介すると直ぐ手ぇ出すから隠してた」


「なにそれ酷い!!!!」


...彼女、のあは、ポートマフィアにいる割に控えめな性格な様で...そして、可愛い。中也の彼女じゃなければ絶対落としてたのになー。