白き魔王様の憂鬱

満月桜🍒テスト前⭐️おいでませ師走⭐️
@mitukizakura_9

夕暮れが近づいてきた。黄昏時だ。よく逢魔刻なんて言うけれど、実際幽霊の類は、唯の夢物語でしかない。御伽噺の世界だ。

けれど、それとは反対に妖は別物。世に生を持ち息を潜め、人々を化かす。人の前に現れないもの。

そもそも、現代社会が進歩し過ぎたせいで、妖という存在は幽霊の類と同じく夢物語になってしまった。

妖は世に実在している生き物だ。まあ僕の目から見てみれば幽霊も妖もさほど変わらない。だって世界の全てを知ってしまっているのだもの。

ツマラナイ。

妖だって、人間だって死んでしまったらそこで終わり。

そんなものを何年も何十年も何千年も.....自分が何年この世界を漂っているのか覚えていない。

あ、けれどこの間、海に連れて行ってもらった博物館の恐竜は殆ど本物に近かった。そう考えてみると、それより昔に生きていたのか。


結局、どの時代、どの世界を生きていても、感情というものを感じたことがあまりなかった。

けれど、今ではこの時間が最高だ。憧れることができる人がいた。支えてくれる仲間ができた。

いじり甲斐がある子もいるしね。

決してこの世界は退屈じゃない。

寧ろ愉快なくらいだ。

時間が惜しいねぇ。

今日も一日が終わる。


また、明日___