短編置き場

気づいたのは[おそ松]

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

あっ、霧野ちゃん髪型変えてる


朝教室に来て一番に思ったこと


いつも通り席に座って葉音ちゃんと話してる霧野ちゃん

髪を下ろして前髪をサイドに留めてるだけで随分と印象変わるんだ…


なんとなくいつもと違う彼女になんとも言えない気持ちになって、挨拶もそこそこに自分の席に座る


もうちょい話たいけど…なんかなぁ


ぼんやりと二人の方をぼんやりと眺める

何の話してんだろ~?俺も混ざれねぇかなぁ



女の子が髪型を変える時は大抵好きな人ができた時なのよ!


そう幼なじみのトト子ちゃんが言っていたのを思い出した



「(霧野ちゃん、好きな人ができたのかなぁ…)」



そう考えてズキッと心臓がいたくなる


どこの誰かも分からない野郎の為に霧野ちゃん髪型変えたの?

俺が何度髪下ろしてって言っても面倒の一点張りだったのに??


そこまで考える頃には痛かった心臓のことなど忘れて、段々とムカムカしてきた



「……ななし、おそ松くん怒ってる?」


「多分?どうしたんだろうね??」



横でそんな会話されてたのをつゆ知らず俺はイライラするのを抑えるので必死だった


悲しみ時々嫉妬

著作者の他の作品

新しい席と言えば席替え席替えの前にあるのはくじ引きかなぁと思い書いてみま...