【確かに恋だった】僕が君の手を5題【5話完結】

磐城 葉月
@haduki0205

あとがき的な

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

お読みいただいた方本当にありがとうございます。

作者の磐城 葉月(イワシロ ハヅキ)と申します。


ほぼ15年ぶりに夢小説的なものを書いてしまいました。

昔も同じ名前で某Fページさんにお世話になっておりました。

ガラケーで一生懸命HTMLタグ打ってた時代とは変わってしまっていて、BBAはただただ文明の進化に驚いております。



今回のお話はお題サイト「確かに恋だった」様よりお借りして書き上げました。

3話目くらいまではちゃんと書き溜めてあったんですが、4話目5話目は完全に自転車操業でした。

投稿ペースに乱れがありましたことをお詫び申し上げます。



どうしてもラストがうまくまとまらなくて、でもあまり多くを語りたくない(書きたくない)タイプなのでああいった終わりになりました。

ふわっとさせすぎたかな、とは思いますが、主人公ちゃんの選択肢がたくさんある物語の方が個人的に大好物でして…。

そのうちちゃんと2人がくっつくような物語も書きたいな。

がんばります。



次は何のお題で書こうかと考えているところですので、もしまた見かけた際はぜひ読んでいただけたらと思います。

ご意見ご感想ございましたらぜひコメントしてやってください。

またはTwitterにてリプライやDMでも構いません。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。



2017.10.29 磐城 葉月