オリジナルキャラクター 設定【Collar×Malice】

雪華:セツカ
@game_53R

Collar×Malice


↓オリジナルキャラクター設定↓


性別:女 年齢:24

出身:アメリカ(両親共に日本人)


生まれも育ちもアメリカだが、両親の実家は日本。

笹塚尊と通っていたスクールが同じで、唯一話す友人と呼べる関係だった。※途中で尊が学校を辞めてしまってからも交流はあった。

尊に教わり(見て学んだ)インターネット関係は強く、ハッキングなども尊ほどではないができる。

20歳の頃に外出の際、男に集団で襲われたことがある。※父親すら恐怖対象

自分を襲った奴らを憎み、同様の罪で捕まっている犯罪者たちを心の底から軽蔑、なにもしてくれない警察のことも信用していない。

襲われた際、周りに助けを求め、また無意識に尊の名を呼び、助けてと叫んだが結果として誰も助けてくれなかったことから絶望をして世界すら恨んだ。

部屋に閉じこもり気味になっていた彼女に手を差し伸べたのがアドニス。その頃はまだ動きは本格化していなかったが、復讐の手助けをすると言われ手を取った。※その時の主人公はアドニスすら利用し、復讐を成し遂げたあとゼロ(教祖)も殺そうと考えていた。

※特例としてアドニスアジトのセキュリティ強化を任されていた。

警察によるハッキング妨害、アジトへの侵入妨害など。

※アメリカで事件は取り上げられず、復讐も銃社会ではよくある発砲事件として完結に処理された為調べても出にくかったことから日本に呼び、深いところまでアドニスに関わらせていたと考えられる。


※以下ルート別で設定変化↓※

1.笹塚&市香結ばれる本編HAPPYEND

最後までアドニスに協力することを選び、記憶を失う。※アジトにて捕まった後、自分がなぜ日本にいるのかなど尊に詳細を聞き、納得。

謝罪し、罪を償ったらアメリカに帰ろうと思っていることを話す。

(両親ともう一度穏やかに暮らすため)

2.笹塚がアメリカへ旅立つ本編ノーマルEND

自分の復讐の真実に笹塚がたどり着いたことで真実を伝えることを決意。アドニスを裏切り、首に埋め込まれていたチップを取り外した後、尊へすべて話す。

尊へ恋心を抱いていたことも話してから警察へ自首する。

3.笹塚がアドニスに入る本編BADEND

なぜ尊を止めなかったのかと市香を責める。また自身のことも責め、尊へ謝罪のメールを送り、新宿苑にて自ら心臓をナイフで刺し、自殺する。

※尊の復讐のことを知っており、自分が代わりに果たすつもりでいた。尊だけは手を染めさせたくない一心だった。


後日更新(訂正)する可能性有 ご了承ください

著作者の他の作品

小説を書くにあたってのキャラクター設定ですすべてオリキャラ視点でのお話に...

小説を書くにあたってのキャラクター設定ですすべてオリキャラ視点でのお話に...