ある日ベルフェゴールを拾ったら好かれました。

♪*黒猫@10月家宝一般参加(予定)*♪
@blackcat19871

夕飯

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

『あのー…夕飯出来ましたけど…』

私は夕飯をその人の近くに持っていった。

その人はぴくっと反応すると

「ご飯…」

と言って起き上がり、「いただきます」と言って黙々と夕飯を食べた。

『…いただきます』

私も夕飯を食べ始めた。



「『ごちそうさまでした』」

どうやら口に合ったみたいで、全部食べてくれた。

その人は伸びをすると此方を見て

「アリガト、夕飯美味しかった」

と微笑んだ。

『あ、はい…口に合ったみたいで良かったです』

此方もお礼を言った。