かっぱつ娘“daughter”と堅物野獣“beast”の演武曲

沙羅/和葉@喪中&低浮上
@aobiyori_sara


「“イチコちゃんって子、すっごい面白いね!”」


 訓練所のシャワールームで汗を流していた赤毛の兄(マオ)が、興奮冷めやらぬといった体で話し出した。

 シャワールームの扉に背を預け、腕を組んで兄が出てくるのを待っていたルプスは、不愉快そうに顔の部位が歪める。

 扉に隔たれている為、そんなルプスの様子にマオが気づける訳がなく、シャワーの音に負けず劣らずの声音で、言葉を続けた。


「“ぴょんぴょん跳ねたり、殴って来たと思ったら直ぐ間をあけてきたり!蹴ってやろうかと思ったら、こっちの懐に入ってるし!やってて飽きないよ!”」


 今日から配属された、新人の看守。

 桃色の髪をひらひらと揺らしながら、兄と組手をしていたまだあどけなさが残る少女だ。

 聞けば忍者道場出身で、五歳の頃から忍者になる修行をしていたという。

 忍者になる修行が、具体的にどういうものなのか思い浮かばないが、身のこなしを見る限り武道を幾つか習っているのは間違いない。

 受け身のとり方は柔道そのもののやつであり、足技は空手に近かった。

 得意武器は日本刀と言っていたから、居合いや剣道も習っているのかもしれない。

 距離をあける時に、宙返りや捻り技も一、二度見せていた。体操も習わされていたのだろうか。

 所々でカフェオレと似た動きをしていたのは、やはり彼女の妹分であり後輩だからだろうか。

 “今日はこの後新人研修があるから”と、少しの時間しか出来なかったが、機会があればまた相手をして欲しいものだ。

 今回は素手だったが、武器有りでも一手してみたい。

 次はどんな手を使ってくるのかと想像しただけで気分が上がる。


「“男相手に怯む様子も、怖がる様子も見せないし、なんか手合わせに慣れてる感じ!久しぶりに楽しめそうじゃない?”」


「“………………………………買いかぶり過ぎだ”」


 長らく兄の話を聞いていたルプスは、ようやく重い口を開けた。

 弟の素っ気ない返答に、マオが不満の声を漏らす。


「“ええーーそうかなあ。ルプスも一度相手してみるといいよ。忍者と戦う機会なんて、早々ないんだからさ!”」


「“……………………興味ない”」


「“またそうやって、他人から距離を取るんだから。俺知ってるんだからな!さっきの手合わせ、お前が真剣に見てたの!”」


「“気のせいでしょう”」


「“気のせいじゃないね!絶対見てたね!”」


 蛇口を捻る音がして、ルプスは背中を扉から離す。

 間髪入れずに、全身に水を滴らせたマオがシャワールームから飛び出してきた。


「“いい加減、素直になるって術を身につけたらどうだ?”」


「“俺が素直になる前に、あなたは身体を拭いてください。……………………床が濡れる”」


 言いながら、ルプスはタオル棚に置かれていたバスタオルを兄に投げつけた。



 ◆  ◆  ◆



「…………マオとの稽古はどうだった?」


 夜の自由時間。

 女子寮で同室のカフェオレに、桃色の髪毛を乾かしてもらっている時に問われる。

 イチコは手にしていたゲーム機から視線を外し、背後にいるカフェオレを見た。

 姉代わりの、ツツジ色をした瞳が不安げに揺れている。

 配属初日だから、色々と心配していたのかもしれない。

 そう考えたイチコは、にんまりと口元に弧を描いて答えた。


「うん、楽しかったよ」


「そうか」


「なんかねえ…………サガル兄ちゃんとやってるみたいだった」


 サガルは、イチコの義兄だ。

 忍者道場で一番の実力を持ち、カフェオレとイチコに武道の術を叩き込んだ男。

 その義兄は、イチコが12歳の時に突然道場を出ていき、以来音信不通である。

 どこで何をしているか、彼の両親であり、イチコの義理の両親である忍者道場の師匠とその妻もわからないようだ。

 あまりにも帰って来ないので、死んだか囚人にでもなったのかと思っていたのだが、監獄内を見た限り囚人にはなってないようだ。

 なっていたらカフェオレの方から連絡が来るだろうから、期待はしていなかったけれど、どうしても自分の目で確かめたくて、監獄に就職したのだ。

 今日手合わせをしたマオという看守は、技の出し方が兄に似ていた。

 実戦とは違う、指導しながら戦っていた感じだ。

 久しぶりに歳上の男性と戦って疲れたが、嫌ではなかった。

 それを伝えると、カフェオレは“そうか”と言って、わしゃわしゃとイチコの髪を撫でる。


「…………結局、ルプスとはやらなかったのか?」


「うん。あのね、姉ちゃん。私、あの人よくわかんない」


 黙ったままだし、表情が表に出てこないから何考えてるかわからないし、睨んできた視線は怖いし。

 つらつらと、ルプスの印象を伝える。


「でもね、なんとなくだけど、どこかで会った気がするんだよねえ…………。なんだろう。他人の空似?」


 “なんでだろうなあ”と、首を捻りながら、イチコはゲームに戻っていった。





To be continue.

著作者の他の作品

クリスマスの夜。人々の願いが集まるツリーに近づく不穏な気配。