BL「運命の子拾いました」

しおり*創作アカ
@ss0usaku

「運命の子拾いました」(11)

ということで今、かずなりさんと連絡をとっている。毎日ちょっとしたことを送ってくる。僕の返事は相変わらず3日に一回だけど、変わったのは、既読や返事の速度が緩やかになったことだ。一度聞いたところによると、「仕事中はやっぱり仕事をしないといけないから」とのこと。


……5年前は仕事中でもメッセージ送ってたんかい 。呆れる。けれども、前のように執着されていないということ、自分の生活をちゃんと送っていることは、好ましいなと思う。

ずっと、僕は相手からの執着や、無茶や要求、期待がとても重く感じていた。僕の生活に響くような、そんな関係だったから。でも、いまはお互い、お互いの生活を送りながら、やりとりができているというところに、変態の成長を感じた。


やったらできるじゃん。


下らない5年間だったな、と最初は思っていたけど、徐々にかずなりさんへの評価は良くなっていった。手放しで誉められるようなことはない。だけど、5年間は、無駄ではなかったんだ。かずなりさんだけでなく、多分僕も変わったんだと思う。


かずなりさんと会うことに苦痛を感じていたけど、5年という時間が経つことで、関係を戻すよいタイミングだったのだなと、いまは思う。



今のパートナーはヨミというのだが、ヨミにはかずなりさんとのことは全て伝えてある。交際するかもしれないということも含め。悪魔は、人間界ほど一対一を重視するモノガミーではなく、複数恋人がいてもよいという考え方が標準であるから、交際についても、ヨミからはOKが出ている。ただし、僕のことを悲しませないような相手にしてくれ、ということは言われた。


僕を悲しませない相手。そしてもちろん、僕が相手を悲しませないことも大切だ。


そんな関係を築けたら。

希望はある。今後次第だけど。



相手は40歳。人間でいえば人生の半分を過ごしたことになる。交際や結婚についても焦る人もいるだろう。


僕が心配することではないだろうけど、無駄な時間を使わずに、さっさとプロポーズなりなんなりしてくんないかな、とは思う。



「運命の子」なら。

拾ったことに運命を感じているなら。


早く、告白すればいいのに。

そう思いながら、日々過ごすのであった。