美術館の悪魔

卯月姫@スタンプ発売中!!
@hanahanasikihim

エピローグ《終》

私は大人になった。

大切な人が何人もできて、その全ての人を愛したけど、〝恋〟に堕ちたのはきっと、あの幼い日の一度きりだった。

このお話を嘘だと思うならそれでいいのよ。

真っ白な雪のようなパールをあしらって、血のような赤のルビーで飾った綺麗な黒い箱の中に入れて、物置部屋の奥の奥にしまいましょう。それでいつか、何百年後かの私の髪の色も知らない子孫が、ふとガラクタを片付けている時にこれを見つけて、

「あぁ見ろ!何百年も前の先祖にとんだ変人がいたもんだ!!」

と、笑われるならそれもいいなぁって思うのだわ。

たとえどんなに幸せなことがあっても、あの雪の日のままの君がいた奇跡が起きたこと、決して忘れることはないのよ。

〝美術館の悪魔〟

次はちゃんと名前を言って、ちゃんと挨拶をしたいな。照れることなく、まっすぐ目を見て。


だから


また出会えたら、その時はいっしょに遊ぼうね。











著作者の他の作品

永い時を生き、それでも夢見たのは、誰かのそばにいること。

ひとつひとつ飾るのは、生まれず消えた昨日の話。きらきら、きらきら、煌めく...