美術館の悪魔

卯月姫@夏花
@hanahanasikihim

冬の空だってそうだろう

「なっ…何で…??」

「…やだ…」

わ…分からない…。女心…ってやつ…?


なら、

「じゃあ約束しよう!」

「?」

「僕らがもっと仲良くなって、〝お互い〟が大事な存在になった時、名前を教えてね。約束!」

「……うん

「僕はリザ。これからよろしくね」

分からないから僕なりに解釈した。教えたくないなら教えなければいい、きっと理由があるはずだから、と。

だから彼女が本当に教えたくなったら、僕らに確かな絆が出来たら教えてもらうことにしよう、と。

その時まで僕は、


「またね、スノー!」


君を初めて見た時の

あの日の自分を忘れないように

あの日心で感じたままに

君を『雪《スノー》』と呼ぶことにしよう。



『恋をすると世界が変わる』という言葉は、案外間違っていないものだ。

もちろん僕の薄汚かった世界は鮮やかな素晴らしいものになったけど。

周りの世界も言葉通り変わったのだ。


天国の絵の前に






大量の血溜まりがあった。

著作者の他の作品

ひとつひとつ飾るのは、生まれず消えた昨日の話。きらきら、きらきら、煌めく...

魚が泳ぐ教室で、『神様』と話したありふれた夏のこと。