黒の異端者と青い竜

和泉@夢垢 色々書いてる
@Izumi2p5f7f

第 III 話 【意外な協力者】

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

第 III 話





黒いLBXに捕まれた途端、私達に攻撃を仕掛ける紅竜

殴り飛ばされた青竜に追撃するようにミネルバ改が接近、腕を振り上げた




「させるか!」




間一髪、イカロス・ゼロが間に入りミネルバ改の攻撃を盾で防いだ




「大丈夫か青竜?」

『ああ、だけど…』




立ち上がり見る先には、イカロス・フォースに攻撃する紅竜


何が起きたかわからず戸惑っていると…




『…ウィ…ルス…』

「!」

『奴から…ウィルス…が…流れ…』

「紅竜!」

『うぐ…がっ』




頭を押さえよろめいた紅竜から閃光が散り、次の瞬間にはダラリと腕を下ろして動かなくなってしまった


慌てて紅竜の元に向かう青竜に黒いLBXが襲いかかる




「っ邪魔すんな!」




ランスで攻撃するが大したダメージを与えられなかったらしくビクともせず、青竜の頭を掴もうと手を伸ばして…




「退きな!」

『!』




それに反応して地面に倒れると頭上を衝撃波が飛び、黒いLBXに直撃。

不意討ちを受けて吹き飛ばされた




「君は…」

「風魔キリト!?」




突然現れた風魔キリトに驚きが隠せなかった

だが風魔キリトは「あの黒いLBXを倒すのが先だ」と言い、吊られて私達も黒いLBXに向いた




「奴に捕まれたらLBXの制御が効かねぇ、気を付けな」

「どうしてアンタがそれを…」

《話は後だ、今はコイツを倒そう!》




Dエッグを出して黒いLBXとミネルバ改もろとも閉じ込め再びバトルスタート




「ミネルバ改は私に任せて、3人は黒いLBXを!」

「わかった!」

《よっし来いやミネルバ改!》




何故張り切る青竜

ランスを振り回し構えるとミネルバ改が接近、次々と攻撃を仕掛けるが青竜は全てランスで弾き、身を反らして躱している




《ウィルスに苦しめられてるのは紅竜だけじゃねえ。ミネルバ改や、他のLBXも苦しんでいる…》




僅かに出来た隙をついてタックルをして倒した




《コイツ等を解放しやがれっ!》

「必殺ファンクション!」


《アタックファンクション ガエボルグ》




エネルギーを帯びたランスを掲げ、そこから無数のエネルギー弾が放たれた

それは動けないミネルバ改に直撃、バウンドして倒れ、光が弾けてブレイクオーバーした


青竜は動かないミネルバ改をランに返し、バンさん達に加勢




「コイツ、なんて硬さ…」

「ここは皆の集中攻撃で決めよう!」

「わかりました!」




風魔キリトも頷いて答え、4体の集中攻撃で一気に攻め立てた


フォースの剣を防ぐが青竜のランスが直撃してバランスを崩し、ゼロと風魔キリトのLBXで更に追い討ちをかけて追いやり、そして…




「「「必殺ファンクション!」」」




ゼロのメテオブレイカーとXブレイド、青竜のトルネードランスの3つを受けた黒いLBXは漸く倒れる


ただ、驚いたのはその頑丈さだ


3つの必殺ファンクションを受けたにも関わらずその黒いLBXは凹みはしてるが傷一つついてない


こんなLBX、見たことない…




「風魔キリト、何故君がここにいる?それに触れたら制御が効かないって…」

「…その黒いLBXにやられたからだ。デクーOZ、ハカイオーKC、ジョーカーKC…全てな…だから知っている。俺がここにいるのはあのLBXを追ったからだ」




…なるほど、それなら知ってる筈だ


そこまで話すと風魔キリトは背を向け立ち去ろうとして、それをバンさんが呼び止める




「一緒に戦わないか?」

「!」

「このまま一人で戦うより、皆で協力しあった方が…」




しかし風魔キリトはそれを断った。つるむつもりはないと




『な~るほど、負けるのを見せたくねぇから一人で行くってワケか』

「な…」

「ちょっと青竜!」




突然私達から離れて風魔キリトの側に移動した青竜に彼や私達も驚きが隠せなかった




「…LBXが喋ってる?」

『その話はあとでたっぷりしてやる。それよりお前、つるむつもりはないとか言ってるが本当はまた負けるのが怖いんじゃねぇの?』

「なに?」

『そりゃそうだよな~、バンとヒロとランに負けるわオレ達にも負けるわで負け犬のレッテル貼られてんだからな~、こうなりゃ誰ともつるみたくねぇし団体行動出来ないよな~恥ずかしくて』

「……………」




次々と話す青竜に風魔キリトは暫く黙り




「…しょうがねぇから暫く付き合ってやるよ、この3週間でどれだけ強くなったか見せてやろう」

「あ…ああ、ありがと…?」




直後青竜からメールを受け、固まる




《どうよ?風魔キリトを仲間にさせたぜ(^皿^)v》




・・・・。

いったい誰に似たんだろうか…