Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―

十三宮顕@μ'sic Forever
@Akira_Tosamiya

第屍話「月」THE MOON

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

 同盟軍は以前から、権力闘争に明け暮れて来た事でも知られている。例えば、大森義勇軍を率いる十三宮とさみや寿能じゅのう城代じょうだいあきらが、第四中隊司令官の新羅しらぎ文部もんぶ隆潮りゅうちょうと、長栄山基地にて会談を行った時の事である。


新羅しらぎ 文部もんぶ 隆潮りゅうちょう

「数箇月前より、御主おぬしらの義勇隊に関して、不審な点があるとの照会を受けておる。ついては、わらわが要求する情報を可及的速やかに提出すると共に、査問委員会における聴取を命ずる!」


十三宮顕「我々の義勇軍は、第四中隊と対等な同盟を結ぶ、独立した民兵であり、全ての指揮は、法の支配に基づき当職が行います。公僕public servantたる武官が、私人に対して命令を下すのは、職権濫用だと考えます」


新羅隆潮「御主も相変わらず、面倒な奴よの…なれば、単刀直入に申してやろう。義勇隊の財を、当方に返還し給え。これが、最後の要求ぞ」


十三宮顕「『返還』ですって? 義勇軍の私有財産は、当然ながら義勇軍の物です。そして、その所有権を代表するのが私です。それをあたかも、式部殿ら第四中隊首脳の財であるかの如く偽るなど、詐欺に等しいですよ!」


新羅隆潮「飽くまで拒否するか…そうなると、御主らは義勇兵としての資格を欠くと言わざるを得ない。解任…いや、『総辞職』を覚悟なされよ。万一、御主が首をげ替えられても、妾は保障せぬぞ?」


十三宮顕「私の首を斬る? 上官でもない式部殿が? 恫喝に屈しなければ、当職の名誉に対する加害を告知するとは、脅迫も甚だしい! それは立派な犯罪ですよ、式部殿!」


新羅隆潮「御主の引退が、司令部の意向じゃ、寿能城代よ。同盟が勝利を手にするためには、我らが母なる久遠の大地において、全ての軍人・市民・学生が、唯一の指揮命令系統にて団結せねばならぬ。御主らに、それを乱されては困るのじゃ! 本件の円満な解決を期するため、忖度そんたくしてはくれまいか?」


十三宮顕「民間人に『団結』とやらを強要するとは、式部殿も共産主義者communistに成り下がりましたか! もし、当職に何らかの違法行為があるとお考えならば、こんな密室ではなく、堂々と政府に告発なされよ。但し、その際には私達も、あなた方の不当な圧力・介入・干渉に関して、告訴をさせて頂く事になるでしょう!」


 新羅文部(式部)は、実直で正義感が強く、常に規則を重んずるなど、極めて有能な軍官僚であり、この点は寿能城代からも一応評価されている。ただ、その生真面目さが行き過ぎる事もあると言われ、特に近年は、義勇軍の権限を自らの支配下に編入せんと企図し、これに従わぬ「一匹狼」の寿能城代を失脚させようとしたため、両者の対立が激化している。


十三宮顕「何が『円満解決』だ! 血税泥棒めっ!」


 紅葉の季節は過ぎ、桜花の季節も未だ遠い長栄山には、樹齢数百年の森林が広がっていた。


新羅隆潮「…たみの安寧は松樹しょうじゅの如し、末永く護持するには、秩序の死守が絶対に必要じゃ…寿能城代、そろそろ始末したほうが良いかの…」




  第屍話「月」THE MOON



1 / 5