中原さんの黒帽子。

ちくわの国の深井さん
@hukai_1110

黒帽子が……

強風が吹き荒れる朝、中拂 薺は見慣れたものを発見した。






それは数メートル先、道路の真ん中にぽつんと置かれていた。風が強まる度に、少しずつ道の端へ移動していく。



出社前だったが、少しばかり好奇心が湧き、薺は歩み寄ってそれを拾い上げた。





……帽子。

吸い込まれそうな黒色だった。薺はほうほうと頷きながら黒帽子を回転させる。



黒帽子の形や装飾を見て、薺は絶句した。



「……げっ」









薺が拾った帽子は、敵対組織の幹部のものだった。