リップバーム

ちぃざ 。˚❉
@jo____sogno10

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。


「ッて!」

『? どうしたのジョセフ』

「あー唇切れちまった」

『乾燥してるからねえ……あ、そうだ(ごそごそ…カパッ)』

「んー?軟膏?」

『(少量掬う)リップバーム!ほら、そこ座って』




手近にあったソファに座らせ、その隣に腰掛ける。


上唇、下唇を指で撫でるようにジョセフの厚い唇に塗り込む



『…はい。せっかくのセクシーな唇なんだから、ちゃんと手入れしないと勿体ないよ?』

「へへ、サンキュー!あ、(リップバーム取る)セラにも塗ったげるわよォン」

『私塗ったばかりなんだけど』

「いーからいーから(手に掬い取る)」



片手で引き寄せて唇に塗っていく。



「(ぷにぷにして柔らか…つか、これ…エロい)」




こんなじっくり触ることはあんまり無いからなんか腰にクるジョセフ

上唇を撫ぜて、下唇をゆっくりなぞる。

ふっくらとした唇がツヤツヤになる。



『ん、ありがとう』

「……」



顎くいっ



「ちゅ、……へへ。これでお互いぷるっぷるのツヤツヤだぜ」

『……もう』



お互いちゅーしたくなる魅惑の唇




……………



『あ』

「ん?」

『これ、スティックタイプのリップクリームだって。これ買おうかな?』

「却下!!」

『なんで!?』

「指で塗ってやりてえし塗ってほしいんだよ!」

『ッ〜馬鹿ッ、エッチ、好きッ』

「俺もッ」



…………



『んむ』

「なになに?どったの?」

『リップつけすぎちゃった(勿体無い…)』

「(むちゅう)ど?」

『……ん(満足)』



シーザー「ジョセセラ尊い」



バカップル

.